Welcome to my blog

風の歌声

Article page

☆『琅琊榜(ろうやぼう)―麒麟の才子、風雲起こす』再放送決定☆

Category - 『琅琊榜』etc.
『琅琊榜』チャンネル銀河で8月に再放送が決定しましたぁ~\(^o^)/



小殊『景琰~、どうだ綺麗か?』

景琰『うん、小殊…(真珠よりお前の指の方が)美しいぞ!♥♥♥』

また(そんな)彼らに会えると思うととっても嬉しいです✨
これで暑い夏も乗り切れそうだわぁ~🌊


それから…
『善徳女王』も同チャンネルで7月19日(火)15時~ ノーカット版が放送されますよ‼



P『陛下は私が大好きなようです‼手を離してくれません(^ー^)❤』

T『…』

こちらは1日1話の放送なので…じっくり観れますね~
ああ、楽しみ♪

スポンサーサイト

Category - 『琅琊榜』etc.

6 Comments

黄木香  

今度こそ・・・

テヤンさん、こんにちは。
今も視聴に活動に、お忙しくされてることでしょうね。

早くも『琅琊榜』の再放送とはありがたい限りです。
4月にこちらの記事を見て気になり途中から録画していたのですが、最初の5、6話が間に合わずお蔵入りしてました。

8月は忘れないように、チェックできるようになったら録画予約します。
それまでは、溺れそう( ;∀;)なくらい録りためている韓流・華流を頑張ってこなすつもりです。
『風中の縁』や『星から来たあなた』を今頃見てるし、現在進行形の『王の後宮』に手を付けたばかり。
ウィリアム・フォンさま出てますね。

自分の首を絞めてると思いつつ、予約が止まりません。
ともあれ、こちらでテヤンさんや読者の皆さまの熱い思いに触れるとすごくうれしいです。

2016/06/24 (Fri) 21:29 | REPLY |   

kyon  

契約しなければ?(笑)


こんにちは。
お元気でいらっしゃいますか?

ろうやぼうの再放送(^^)
これはやはり
チャンネル銀河を契約しなければ
いけないですね!(笑)

輝くか狂うか
見終わりました!
ハッピーエンドなんでしょうが
なんだか
拍子抜けのような。。。
あそこまで
一途に想っていれば
綺麗ごとには出来ない気持ちも。
やはりピダムくらい
激しい方がずっと理解できる
そう感じる私がヘンでしょうか?(笑)
ヒョクさまは
チュノももちろん素敵でしたが
最初の、身分が高いときが
カッコ悪かったので(笑)
ありがとうございます
が、いろんな面がみれて
私はイチバン好きかなぁ。。。
チュノは切なすぎて(泣)
あと、ヒロインの設定が
納得できず(笑)
なんで、忘れられないの!
みたいな気持ちに(笑)
ピダムが恋い焦がれたトンマンなら
納得なんですが!

あぁ、またピダムに会いたくなってきました(笑)








2016/06/28 (Tue) 19:36 | REPLY |   

テヤン  

8月20日からですね‼

黄木香さんへ


> テヤンさん、こんにちは。
今も視聴に活動に、お忙しくされてることでしょうね。

こんばんは(^o^)/
お久しぶりですね~
お元気でお過ごしですか?


> 早くも『琅琊榜』の再放送とはありがたい限りです。
4月にこちらの記事を見て気になり途中から録画していたのですが、最初の5、6話が間に合わずお蔵入りしてました。
8月は忘れないように、チェックできるようになったら録画予約します。

そうでしたか…
最初の数話に結構後引きシーンがあるので…
次回は忘れずにご覧になって下さいね~
実は私も初回から数話を保存してなくて、一度しか観てないので…
夏休み放送時にはしっかり保存しようと思っています(^.^)



> それまでは、溺れそう( ;∀;)なくらい録りためている韓流・華流を頑張ってこなすつもりです。
『風中の縁』や『星から来たあなた』を今頃見てるし、現在進行形の『王の後宮』に手を付けたばかり。
ウィリアム・フォンさま出てますね。

溺れそうなくらい録画されてるなんて…
凄いですね~⤴⤴
『風中の縁』は如何でしょうか?
私はかなりハマりましたぁ(^^ゞ
『琅琊榜』を視聴し、小殊@胡歌落ちした今でも衛無忌派であることに違いありません(笑)
それ程にエディ・ポン演じる無忌は魅力的なキャラでした♥
『星から来たあなた』はキム・スヒョンよりも悪役キャラを演じたシン・ソンロクさんとソンイ役のチョン・ジヒョンが印象的でした。
『王の後宮』は貴妃がヒステリック過ぎて…リタイアしました(笑)


> 自分の首を絞めてると思いつつ、予約が止まりません。
ともあれ、こちらでテヤンさんや読者の皆さまの熱い思いに触れるとすごくうれしいです。

何かに夢中になれるって素敵なことだと思います。
私が現在視聴してるのはチャン・グンソクとヨ・ジングが主役を張ってる『テバク』
ユ・アインとピョン・ヨハン他出演の『六龍が飛ぶ』
『ときめき旋風ガール』と少ないです。
それから『琅琊榜』を1日に5話くらいリピしてますからね~(^ー^)
琅琊榜ロスはまだまだ治りそうもありません(+_+)
このまま8月の放送に突入しそうです(笑)
9月にDVD📀が発売されることになったし…
そのNEWSだけで暑い夏を元気に過ごせそうです☀

コメントありがとうございました♥


2016/06/29 (Wed) 18:31 | REPLY |   

テヤン  

遅くなりましたm(__)m

Kyonさんへ


> こんにちは。
お元気でいらっしゃいますか?

こんばんは(^o^)/
返信が大変おそくなってしまい、ごめんなさい🙇💦💦


> ろうやぼうの再放送(^^)
これはやはり
チャンネル銀河を契約しなければ
いけないですね!(笑)

9月にはDVDも出るようなので…
そちらでご覧になる方法も‼


> 輝くか狂うか
見終わりました!
ハッピーエンドなんでしょうが
なんだか
拍子抜けのような。。。
あそこまで
一途に想っていれば
綺麗ごとには出来ない気持ちも。

『輝くか狂うか』は大人のファンタジーと言われてますから…(^ー^)
まぁそんな終わり方もありかと…(笑)
チャン・ヒョクさんは素晴らしい俳優さんですが…
私的に皇子役はもう少し若いイケメンさんにお願いしたいかな…
なんて(^^ゞ
ドラマにハマるには誰かに『恋』しないとね~✴


> やはりピダムくらい激しい方がずっと理解できる
そう感じる私がヘンでしょうか?(笑)
ヒョクさまはチュノももちろん素敵でしたが
最初の、身分が高いときがカッコ悪かったので(笑)
ありがとうございますが、いろんな面がみれて
私はイチバン好きかなぁ。。。
チュノは切なすぎて(泣)
あと、ヒロインの設定が納得できず(笑)
なんで、忘れられないの!
みたいな気持ちに(笑)
ピダムが恋い焦がれたトンマンなら納得なんですが!

激しい恋に憧れるなんて…Kyonさん、お若いですね~
私は今はゆったり包容力のある殿が良いです(笑)
四皇子=ウーさんとか…梅長蘇=胡歌さんとか…衛無忌=ポンちゃんとか…後、チェブ殿下=王凱さんとか…
ヒョクさまはやはりテギルが最高~😃⤴⤴
ヒロイン設定ダメですか?
あれだけの美人、忘れられないと思いますが…
テハさま=オ・ジホもすっかり魅了されちゃったし。
ピダムにとってのトンマンと…
テギルにとってのオンニョン…
恋する男は一途だから違いはない気がするのですが…


> あぁ、またピダムに会いたくなってきました(笑)

Kyonさんの方がきっと私よりも繊細なんですね~
私はすっかり歳を取り、勝負師にもなっちゃったので…
一緒にいる男性に求めるのは『安らぎ』以外ないかも。
勿論、昔から絶対に譲れない知的さ、沈着冷静さは必須ですが…
ピダムはねぇ➰ーー。
今の私にはピダムは青臭くて切な過ぎる男となってるわぁ⬅すっかり母ミシルと化した私(笑)

コメントありがとうございました♥
また、遊びにいらして下さいね~

2016/07/15 (Fri) 00:08 | REPLY |   

黄木香  

ピダム再び

テヤンさん、こんにちは。
素敵な秋色に染まりましたね。
こちらでドラマやピダムの事を読んだり書いたりできるのは、とても楽しいです。
これからも心の拠り所と思って時々寄せてもらいます。m(__)m

善徳女王ですが、またしても隅々まで浸っております。
チュクパン兄貴は、「イルジメ」では盗っ人セドル父さんだから、陛下への上書をコッソリ置いてくるくだりで昔の腕のことを話してましたね~

それにしても初見時にはピダムしか見えて無かった私。
ユシンは邪魔者、郎徒達はその他大勢としか見えなくてゴメンナサイです。
コド始めテプン・コクサフン・アルチョン配下の黄色い子他、ちゃんと生きて昇進していて良かった。
花郎もイムジョン郎・トクチュン郎・ピルタン郎。
ヒゲも生やしましたね。
ホジェ公とパグィ郎は、「ケベク」で兄弟になったし。

惜しむらくは、ユシンはやっぱり…他の方じゃダメだったんでしょうか。
ウォルヤ役のチュ・サンウクさんとか良かったような?
特に若い時、チョンミョン公主が亡くなるシーンやトンマンの臣下として生きる決意辺りの表情がどうにも…
大将軍なら、オムさんでもまぁまぁなんですが。
どうなるものでもないと分かってても( ノД`)

そして、ログのコメントに横入り失礼します。

〉ピダムはねぇ➰ーー。
今の私にはピダムは青臭くて切な過ぎる男となってるわぁ⬅すっかり母ミシルと化した私(笑)

花郎時代は可愛くてお子ちゃまで、私も母の気持ちかも。
ムンノ公の管理下、ひょうきんで無鉄砲だった彼が、世に出て最初の変幻しましたね。
インプリンティングのトンマンヘ一直線、気を引きたい、母にだって愛されたいし、認めて欲しい…そんな感じがもうキュンキュン。

ミシルに見透かされたように、幼すぎました。

実は司量部令時代も姿こそ大人になったけれど、中身はずっと変わってないと思うんです。
前線の兵士が必死に百済と戦ってる時に、トンマンと恋の駆け引き…みたいな。
もちろん2人が幸せになって欲しいけど、今回はやや大人目線になってます。

でもナムギル氏のカッコ良さにはくらっとしますね。
因みに、故ムンノ公の振りをして三つ編みでトンマンを助けに来た場面のピダムが一番色っぽかったです。
元から長身・背中・三白眼に弱いのに、加えて印象的な演技の数々。
「よし、やってみよう」
「心が踊ります」
「見捨てられたら?」
↑この辺が好き。

大扉を開けるピダムの絵になること、しばらく忘れられません。
またテヤンさんのSSでピダムに会いに行こうと思います。
長々と書かせていただき失礼しました。

『琅琊榜』も視聴2周目に入ってます。
こちらも自分の中でこなれたら感想を書かせてもらって良いですか?
涼しくなってきました、お体ご自愛ください。

2016/10/11 (Tue) 00:22 | REPLY |   

テヤン  

ピダム彼是

黄木香さんへ


>テヤンさん、こんにちは。
素敵な秋色に染まりましたね。

黄木香さん、こんにちは♪
お久しぶりです。返信も毎度遅くてごめんなさい🙇💦💦
あっという間に夏が過ぎて…辺りはすっかり秋の様相となりました🍁


>こちらでドラマやピダムの事を読んだり書いたりできるのは、とても楽しいです。
これからも心の拠り所と思って時々寄せてもらいます。m(__)m

いつも温かいコメントありがとうございます♥
嘗てのようにピダム一筋~とは決して申せませんが…
ピダムと言うキャラは私の中で永遠に不滅であることは変わりません‼


>善徳女王ですが、またしても隅々まで浸っております。
チュクパン兄貴は、「イルジメ」では盗っ人セドル父さんだから、陛下への上書をコッソリ置いてくるくだりで昔の腕のことを話してましたね~

私もチャンネル銀河での放送を毎日ではありませんが飛び飛び視聴してましたよ!
最終回は録画しましたし(笑)
竹方兄貴…そうそう『一枝梅』では盗人セドルでした。
実は彼『茶母(チェオクの剣)』でもマチュクチと言う盗人役やってました~


>それにしても初見時にはピダムしか見えて無かった私。
ユシンは邪魔者、郎徒達はその他大勢としか見えなくてゴメンナサイです。
コド始めテプン・コクサフン・アルチョン配下の黄色い子他、ちゃんと生きて昇進していて良かった。
花郎もイムジョン郎・トクチュン郎・ピルタン郎。
ヒゲも生やしましたね。
ホジェ公とパグィ郎は、「ケベク」で兄弟になったし。

そうだったんですかぁ~(笑)
私は前半の厳しいアルチョン、結構印象に残ってます。
目は蜆だけど素敵です♪


>惜しむらくは、ユシンはやっぱり…他の方じゃダメだったんでしょうか。
ウォルヤ役のチュ・サンウクさんとか良かったような?
特に若い時、チョンミョン公主が亡くなるシーンやトンマンの臣下として生きる決意辺りの表情がどうにも…
大将軍なら、オムさんでもまぁまぁなんですが。
どうなるものでもないと分かってても( ノД`)

そこ、突っ込みますかぁ(゜o゜)\(-_-)
このドラマのユシンの描き方からしたらオム・テウンさんでぴったりだと思いますけどね~(笑)
実直で全く謀が出来ないユシン。
私が心配なのは、この物語の後…
そんな彼に三韓一統出来るのかってことです。
エピローグでは出来てたけど(笑)


>そして、ログのコメントに横入り失礼します。

〉ピダムはねぇ➰ーー。
今の私にはピダムは青臭くて切な過ぎる男となってるわぁ⬅すっかり母ミシルと化した私(笑)

花郎時代は可愛くてお子ちゃまで、私も母の気持ちかも。
ムンノ公の管理下、ひょうきんで無鉄砲だった彼が、世に出て最初の変幻しましたね。
インプリンティングのトンマンヘ一直線、気を引きたい、母にだって愛されたいし、認めて欲しい…そんな感じがもうキュンキュン。

ミシルに見透かされたように、幼すぎました。

実は司量部令時代も姿こそ大人になったけれど、中身はずっと変わってないと思うんです。
前線の兵士が必死に百済と戦ってる時に、トンマンと恋の駆け引き…みたいな。
もちろん2人が幸せになって欲しいけど、今回はやや大人目線になってます。

でもナムギル氏のカッコ良さにはくらっとしますね。
因みに、故ムンノ公の振りをして三つ編みでトンマンを助けに来た場面のピダムが一番色っぽかったです。
元から長身・背中・三白眼に弱いのに、加えて印象的な演技の数々。
「よし、やってみよう」
「心が踊ります」
「見捨てられたら?」
↑この辺が好き。

大扉を開けるピダムの絵になること、しばらく忘れられません。
またテヤンさんのSSでピダムに会いに行こうと思います。
長々と書かせていただき失礼しました。

先ずは…
百済と戦ってるのに陛下と恋の駆け引き。
ここはユシンは外交(戦争)、ピダムは内政(駆け引き)と言う対比で描いてる所なので…仕方がないと思うのですが…
ピダムは姿こそは変われど中身は全く変わってないので、お子ちゃまなのは確かです(笑)
子ども時代に愛情不足だったので大人に成りきれないピダム君。
彼の愛するトンマンも鉄の女だし!
どうすることも出来ないピダムの切ない想い(T_T)

三編みピダムはもち格好いいです‼
最終回のピダムと双璧と言えるかも。
ピダムを演じてるナムギルさんはキラキラ輝いてて…美し過ぎます✨
このドラマはトンマンの一代記ですが…
ミシルとピダム親子がドラマをより一層盛り上げたと言っても良いのでは?

大扉ピダム。
あれは確かに素敵なんですが…
昔、何方からか、職場でPC開けた時に誰かに見られたら恥ずかしいと言うご意見を頂き…自粛しておりました。
確かにあれ目立ちますものね~(笑)
まあ、またその内使いたいと思います♪


>『琅琊榜』も視聴2周目に入ってます。
こちらも自分の中でこなれたら感想を書かせてもらって良いですか?
涼しくなってきました、お体ご自愛ください。

はい、是非ともお願いします🙇⤵
私も色々書きたいのですが…
ネタバレしちゃうのも、初見の方に悪いので自粛中。
そろそろ物語も終盤に向かってますね‼
靖王の低音ヴォイスのお歌流れましたか?

季節の変わり目、黄木香さんもお体ご自愛下さい。
また遊びにいらして下さいね~





2016/10/20 (Thu) 14:10 | REPLY |   

Post a comment