2013_04
21
(Sun)21:00

☆釜山は摩訶不思議な処☆

안녕하세요♪
저는 지금 부산에 있습니다.(私は今釜山にいます)

先ずは…
成田からの飛行機が小さいのにびっくり(((^_^;)
国内線かと思ったほど。
でも気流の悪い場所が殆どなかったので揺れなくてラッキーでした!
主人を窓際に座らせて(たまたまチケットがそうだったんですけど)…
隣に偶然座った韓国人のおねーさんと1時間半ほどダベリング(笑)
釜山の名物とか…色々教えて貰いました♪



今日は日曜日なので浜辺(海雲台)は家族連れやカップルでごった返していました~(*^^*)
青い空、青い海…白い砂浜に人々の笑い声♪

遠くに見えるマンションは山の上なのに30階くらいあるそうです。
日本では考えられない場所に立ってま~す。
あわわっ( ̄▽ ̄;)

色々レポしたいんですが…飲んじゃったので(^o^ゞ
ギル君も釜山映画祭の時はこの辺のどっかにいたんですよねぇ~

釜山はソウルより開放的と言うかリゾート地なので…何だかとってもリラックスしてます♪


明日はいよいよ楽しみにしていた『海印寺』に行って来ますね~
スポンサーサイト
2013_04
22
(Mon)18:06

☆海印寺&八万大蔵経☆

釜山・海雲台から車で約2時間半(渋滞含む)
は~~っ、やっと着いた海印寺の駐車場!
ここから山門まで徒歩で10分ほど…

来月の釈迦の生誕祭(旧暦)に向かって参道の両端には蓮の花を型どった提灯が飾られていました~

そしてこれは二つ目の門を潜った広場に作られていたもの。
韓国らしい彩り♪綺麗です。
ここをお祈りしながら廻ることでこの世での『徳』を積むことが出来るそうです!
一周三万ウォンなり。



階段を昇ると又広場。
この建物の中には佛様が安置されています。
注目すべきは広場にある『塔』
明日行くであろう統一新羅の『仏国寺』のこの場所には塔が『二つ』
それより古い新羅時代の『海印寺』には塔は一つしかありません!
時代によって様式が少しずつ変化しているのが解ります(*^^*)
この中で初めて『韓国式の礼拝』しちゃいましたよ~
あの時代劇でやる、あれですよ~
基本は三回なんだそうです(^^)d



更に階段を昇ると…これが『八万大蔵経』が納められている建物。
残念ながら中には入れません(+_+)



入ったつもりで写真を写メして見ました!
世界遺産なので…許可がないと誰も中には入れないんだそうです(^o^ゞ
『武神』の撮影も特別に許可をして貰ったと書いてありましたね~



実物は飾ってあった物しか見られないので…
刷った物をお土産に買って見ました!



少しはキム・ジュンに近づけたかなぁ~

お天気に恵まれた半分山登りのような『海印寺』詣で…終わった今は心も体もすっきりしたような…
これから釜山の街に出て焼き肉屋さんにでも行こうかな~と思っています♪
明日はいよいよトンピの待つ徐羅伐(慶州)へと向かいま~す。
雨の予報ですが…それもそれで良しとしましょう(^3^)/
2013_04
23
(Tue)21:50

☆ピダム終焉の地-明活山城☆

皆さん、こんばんは~(^3^)/
今日は生憎の雨でしたが…慶州(徐羅伐)へ行って参りました♪
やっぱりここは素敵です。
落ち着くと言うか…歴史の好きな人間にとって『天国』のような場所です!
右をみても左をみても『古墳&遺跡』ばかり。
『半月城』を中心に東西南北何処を向いても何かしらがあるんですよ~
そんな中で今回のメイン会場はピダム終焉の地『明活山城』
私(たち)の他には誰もいませんでしたよ!
ガイドさんにこの山に登りたいと言った観光客は初めてですと言われてしまいました(笑)
現在修復工事中なので数年の後にはこの静かな場所も観光客でごった返してしまうのかもしれませんねぇ~
今が狙い目?静かな静かな処でした。





↓ここはまだ修復工事中でしたが…
本物のピダムも1350年ほど前にここを歩いたのかもしれないと思うと涙がチョチョギレました(ToT)





山の中腹から下を見下ろすとこんな感じ↓



ピダムが見たであろう景色…
昔とは違っているとは思いますが…もしピダムがここに本当に籠ってユシンと戦ったとしたら…
下を見下ろしながら女王のことをさぞ心配したことでしょう!
女王はピダムの乱の後、八公山(大邱テグ)にある符仁寺(プインサ)に死ぬまで幽閉されたとも言われています。
もしそうなら私の描くSSもありかなぁ~とも思いました。
何れにせよ、トンマンは晩年寂しい想いをしたに違いありません。
暗殺されたか、幽閉されたか…
余生をピダムと共に過ごしたいと思ったことも本当だったかもしれませんねぇ~
心から信頼出来た数少ない腹心の部下・上大等ピダム。
やっぱりギル君のようにイケメンだったのかしら?
もう何見てもピダムばかり思ってる私は可笑しいのでしょうかねぇ~~(^o^ゞ

「陛下はご無事で居られるだろうか?」




明日はいよいよKTXに乗ってソウルに向かいま~す♪

徐羅伐レポは日本に帰ってからぼちぼちお送りしたいと思います。
それと拍手コメントへの返信も少しお待ち下さいね~m(__)m

☆追記
毎晩新しい時代劇を見まくっております。
ギル君の『鮫』も生で見たい~~(^.^)


2013_04
24
(Wed)23:05

☆ソウルタワーに登る☆

午後2時前にソウル駅に到着。
直ぐにチェックイン。
ホテルの部屋から南山のソウルタワーが見えます!
眺めは最高(^^)d



南大門市場まで歩いて行ける距離だったので…
そこでお土産とギル君goodsを見て回りました~
いつも愛用?してる『海苔』を買いに新世界デパートへ
欲を出して沢山買ったら重たくて歩けなくなったので(笑)
一度タクシーに乗ってホテルへ戻り…
仕切り直し♪

今日はお天気が凄い良かったので…
ロープウェイに乗って南山に登って見ました♪
桜やレンギョウがまだ咲いていて綺麗でした。
そよ風が気持ち良かった~

しか~しソウルタワーの展望台に登るエレベーターに乗ってからは高所恐怖症の管理人、怖くて心臓ばくばく(+_+)
生きた心地がしませんでしたが…
ギル君がいるであろう江南方面をしっかりパチリ。
やはり『想い』は強かった~
後は何をやったか覚えてません(笑)



そのまま明洞へ歩いて移動。
主人が眼鏡を見たいというのでお付き合い。
既に7時過ぎ…時間が経つのは早い~
夕飯にサムゲタンを食べ…また明洞をぶらぶら歩き…
今日はかなり歩いたので主人は疲労困憊で既に夢の中。
管理人は一人今夜から始まったイ・ドンウクさん主演の時代劇『天命』を見ています。
明日夕方こちらを出発して帰国しま~す(^3^)/
2013_04
26
(Fri)01:19

☆無事帰国しました♪☆

今日(もう昨日ですけど…)は目覚めると又、雨!
何だかやる気を失った管理人。
それでもお化粧してバッゲージを済ませると…
やっぱ主人に『景福宮』見せないと…と思い傘を借りていざ出陣~
景福宮の脇までtaxiのおじさんがわざわざ行ってくれたので殆ど歩かずに門をくぐり…
その代わりに裏手の方から見学を始めましたけど(^o^ゞ

ここは↓『太陽を抱く月』でスヒョン君の演じるフォンが最初に登場したシーンで使われた処。
秋に行った時は改修工事の最中でしたが…
今回は工事も終わり新緑がとっても綺麗でした♪



この後『青瓦台』を見に行って戻る途中に雨止んだんです\(^o^)/ヤッターヤッター

次にここですが↓
多分なんですが…『王になった男』でイ・ビョンホンさんとハン・ヒョジュちゃんが手を繋いで逃げたシーンに使われた処だと思うんだけれど…
違うかなぁ~?




まだまだ書き残しておきたいことは沢山あるのですが… 明日は試合なのでそろそろ寝ないと( ̄▽ ̄;)

木曜日だからか…仁川からの帰りの飛行機は驚くほどにガラガラでした(((・・;)何故?
お陰でのんびり出来ましたけど…

それでは今宵はこの辺で…お休みなさいm(__)m
2013_04
28
(Sun)01:33

☆香り高き女王の塔は今…とお詫び☆

皆さん、こんばんは~(^3^)/
旅行&試合でへろへろになってしまった管理人。
一昨日はちょい居眠りしたら…
時計は11時半を回ってました~
あれ~ヤバい( ̄▽ ̄;)
やはりかなりお疲れモード(当たり前(笑)
ギル君のアンサンブルのチケットも予約出来ず…
今日に至っています(^o^ゞ

SSはまだもう少し時間がかかると思います。
今夜も慶州『徐羅伐』での写真を少し…


『芬皇寺』の香り高き女王の三重の塔



昔はもっと高かったと言われています!
そして何回か破壊されているので形は全く違っていたかもしれません。
石は当時のものを使ってるらしいですが(全てではないかも)
観光客が少ない静かな場所でした。
管理人かなり前に『SS香り高き女王の塔』書きましたが…
実際に行って見た今と当時写真で見て想像したのとでは全く違いますねぇ~


そしてその直ぐ横にある『皇龍寺跡』には天に聳える九重の塔があったと言われています!
今は発掘が済んで…そこは菜の花畑になっていて…とても綺麗でした♪
右の方に写ってるのは旗を立てる為の石です。



このお寺もSSの中に登場しています。
今はこの場所には何もないので少し残念に思いましたが…木造建築は燃えてしまうのが常なので仕方ないですね~
『慶州国立博物館』で撮ったジオラマの写真があるのでそちらでイメージして見て下さい。



一番手前の川の上にあるのが『半月城』
スポットライトが当たってるところが『皇龍寺』です♪
解りますかぁ?
きっとトンピも毎日のように月城から塔を眺めていたのではないでしょうか

「ピダム…雨上がりに見る九重の塔は一層高く見えるな…」

「はい、陛下。将に天に聳える九重の塔。きっと今頃この徐羅伐に住まう陛下の民たちも…そして諸外国からここへ来た人々もあの塔を見上げて陛下と同じように思っているのではないでしょうか!」

「うん、きっとそうだな、ピダム…」

「陛下…やはり塔を作られて正解でしたね♪」

なーんて会話をしたかも…
2014_02
08
(Sat)23:30

☆イ・サン(正祖)の城(華城)へ☆

こんばんは(^o^)/
今日のソウルは朝から雪が降り続いていますが…
思ったよりは暖かくて…
地下鉄やお店に入ると汗をかいてしまう程でした(--;)
もしかしたら日本の方が今は寒いかもしれませんよ~~
そちらは雪積もってますかぁ?

管理人、本日は早起きをしてあのイサンが作ったと言われる水原にある華城(ソウルから車で40~50分)へ行って来ました!







城の設計はチョン・ヤギョンがしたそうです。
勿論『イ・サン』にもチョン・ヤギョンは登場しますが…
ガイドさんからあの『成均館スキャンダル』のユニ達の先生がこのチョン・ヤギョン先生だったのを教わって…
『成均館スキャンダル』時代の王様って正祖だったんだぁ~と言うことを思い出しました!!!
ひぇ~~(*_*)自分のあやふやな記憶が整理出来て良かったなぁと思います。

華城は戦いに備えて(老論派に対して)計算され尽くした城塞でもありますが…
広々とした敷地の中に沢山の建物が点在しながらも調和の取れた美しさもあり…
質実剛健を実践したイサンの人生そのもの…のようなお城でした。

蛇足ですが…このお城ドラマ『イサン』の中では76話に登場します(^-^)v
2014_07
29
(Tue)07:42

☆韓国ナウ☆

皆さん、お早うございま~す(^o^)/
昨日より憧れの大地で羽根を伸ばしております♪


西村の『土俗村』にて参鶏湯を食べ…



行きたかった『テオ書店』を訪れ!!



光化門にある『教保文庫』で例の雑談をget(^з^)-☆



夜はエステで肌を磨き…
いよいよ本日は愛するウリナムギル君に会いに行きま~す(笑)

『海賊』まで後6時間…
サジョンのフィギュアも公開される模様❗❗



2015_03
24
(Tue)21:26

☆紫禁城を眼下に臨む☆

皆さん、こんにちは~(^o^)/
昨晩無事に帰国致しました。
本当は大陸から記事を上げたかったのですが…
上手く行かずに😢
デブチ~~🙇

お題のように初日の午後…お天気にも恵まれ…
靄ってなくて本当にラッキー✌
『紫禁城』を紫禁城の裏手にある景山公園から見下ろして参りましたぁ~~👀
流石に『キャ~~♥四爺~~』とは叫びませんでしたけど(笑)
かなりテンションは上昇⤴⤴



矢印のある処から見下ろした『紫禁城』
広~~い❗綺麗~~❗❗




お話変わって…
私が日本に居ない間に…
な、な、なんと!殿下が来日❗❗するかも❔
と言うNEWSが飛び込んで参りましたぁ~~😲
何でも日本車の試運転に来るとか来ないとか…🚙🚙🚙
一体何処の空港に降り立つのでしょう❔
我らの麗しの殿下・フォンさんは~~♥

写真お借りしましたm(__)m

そうそうフォンさんと言えば日本・大陸を往復する飛行機の中の映画のラインナップに『黄金時代』があったのでしっかり視聴しちゃいましたよ~🎵
本年度アカデミー賞受賞の作品もあったのですが…勿論それを振り切って(笑)
フォンさんは主人公蕭紅を愛する優しいけれど…最後には妻の『作家』としての才能に嫉妬しちゃう駄目男・蕭軍役を魅力的に演じられてました。
他にも…劉詩詩ちゃんの『真夜中の五分前』も触り部分だけ見たし…独特な映像とストーリー展開
6月から『岳飛伝』がチャンネル銀河で放送スタートする黄暁明&ビンビンの『白髪魔女伝』も帰りに成田空港着陸寸前まで視聴…美男美女の組合せは👀の保養でした✨
他にもヒョンビンの『王の涙(逆鱗)』もあったのですがそれは観ることは出来ませんでした(笑)
いや~~(^^ゞ
華流ラインナップのお陰で飛行機✈の得意じゃない(嫌い)私も…今回初めて往復の機中を始終るんるん💃気分で過ごすことが出来て…
超嬉しかったで~~すo(^o^)o
アジアンmusicのラインナップに『蘭陵王』から『出陣曲』『手掌心』『命運』の3曲があったのもご報告しておきます☺
フォンさん♥いっぱいのJ○L便お勧め致します(笑)


続く。


2015_03
27
(Fri)21:28

☆四爺と若礒の愛の巣~養心殿へ~☆

旅日記の続きです♪
今回は団体旅行だった為…
紫禁城に行けても四爺&若礒の愛の巣とも言える『養心殿』に行くことは出来ないだろうなぁ~~と諦めておりました😢
なので取り合えず…彼処の門の向こうに『養心殿』はあるのよね🎵と思いながら記念に写真を撮って置きました⬇


ところがですよ~~😲
ガイドさんがいきなり『この先も同じような建物ばかりなので…今度は少し違う建物を見に行きましょう!』と仰るじゃないですかぁ~~❗❗❗
『えっ❔まさかでしょ❔』と思いながらも此処でそれを言うってことは『養心殿』しかないやろ~~o(^-^o)(o^-^)oと思った私。

さっきの(写真に納めた)門を潜ると…
SS琴瑟相和の書き出しで『瑠璃色の寄棟作りの華やかな』と表現した美しい門はまだ見えず…


更に進んで…左手にある門を潜ると…
有りました❗これこれこれよ❗❗
何度もドラマに登場した『養心門』が…


門の左右にある獅子飾り…
ドラマでは白っぽい石でしたが本物は金属っぽい。


門を潜ると正面にあるのが…
四爺が政務(朝議をしたり、八爺を叱咤したり)を行った『養心殿』です✨


玉座の上方には四爺直筆と言われる『中正仁和』の扁額が飾られています。
余談ですが愛親覚羅一族って達筆な方が多いんですよ~♪
この話題はいつか記事にしたいです。


養心殿の天井には立派な龍の飾りがあって…
天意にそぐわない者が皇帝の座に着くと龍が持ってる玉が落ちると言われているんです😱


これは『養心門』の裏側。
修復していないので塗料が剥がれてました(涙)
時の流れを感じます。


養心殿の直ぐ脇にある大きな水晶石(でかい🐘)
所謂パワースポット💪


養心殿の後方にある皇帝や皇后のお部屋はガラス窓から覗かないと内部が見えない為に写真が上手く撮れませんでした。
ベットはドラマのものよりも小さいかも(床暖するのに小さい方が温まるからとガイドさんが言ってましたよ🎵)


おまけ♪
四爺の大好きな白木蓮が満開だったので💠


朝引木蘭之墜露兮 夕餐秋菊之落英…
( 朝に木蓮の露を飲み、夕に秋菊の落英を食う)


☆感想☆
紫禁城は兎に角…広くて大きい…
ここで誰かに遭遇するにはGPSが必要です!
四爺🚙CARには絶対に若礒にだけ反応する独自のセンサーが搭載されていたに違いな~~い(笑)


続く。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。