welcome-image-photo
穏やかな春の一日の夕暮れ時。仕事帰りに通りがかった小間物屋で美しいノリゲを見つけた。男の姿に生来の美貌を隠して宮廷と言う魔物ばかりが巣食う世界に絵師として生きている俺の想い人。あいつに似合いそうだ。そう思ったカンムはそれを手に取ると代金を店主に尋ねた。「これ、幾らだ?」「十両だよ」「んっ、高いなぁ。ちょっと安くしてくれないか?」「お客さん、これは絹の道を渡って入って来た上等な品物だよ。良く見ておく...
皆様、こんばんは(^o^)/1000打記念に何もないのも寂しいなぁと思いまして…ずっと書き置きしてあった「美人図」UPしますね♪SSSと言うより詩のような散文のような…カンムとユンボクが交互に語り合う形式になっています。☆加筆修正して、いやらしい部分があります。大丈夫な方はお読み下さいね♪...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。