2012_09
28
(Fri)06:00

☆何となく…『恋心』☆



夕方、西の空がとっても綺麗でした♪




何とも言えない美しさにスマホでカシャリと撮ってしまいました(*^^*)

そして昨晩夜中に聴いたTさんの美しいお歌に触発されて…
なんとなーく書いた詩『恋心』
やっぱ、ピダムなら『恋心』ってお題が良いかなぁ~~なんて…思ったのでした。





『恋心』~ピダムに捧ぐ~


君に『恋』をしてから僕の背中に翼がはえた
君のところに飛んでいけるように…
神さまがくれた僕の黒い翼

知っているかい?
僕らは生まれる前に出逢っていたんだ
君の小指と僕の小指に結ばれた糸は色を変え

何度輪廻を繰り返しても離れることはない
赤や白と色こそ変われど
僕は君を探し出す

例えこの世で結ばれなくても
来世で君に会えるから

だけど今は孤独な君を守ろう
僕のこの黒い翼で君を包もう

例え僕の命が尽きても
僕の全てで君を守るよ!



君の『笑顔』を見たいから僕は花を摘んだんだ
君のところに走っていって
泣いてる君の泪を止めたい

知っているかい?
僕らは幼い頃に出逢っていたんだ
君の頬に僕が手を当てると君はにっこり微笑んで

遠く離ればなれになってしまったけど
運命(さだめ)は変わることはなく
僕は再び君に出逢った

例えずっと側にいられなくても
愛を囁き続けるよ

だから気付いて僕の気持ちに
いつでも花を持って行くから

例え君に嫌われても
僕の全てを君に捧げよう

例え僕の命が尽きても
僕の全てで君を守るよ!








なんつって(^-^ゞ

Tさんがお歌の詩はエロ過ぎちゃ駄目ってアドバイスくれたから、爽やかな感じにしちゃいました♪
ナム君、新しい歌、リリースしてくれないかなぁ~o(^o^)o


この記事は夜明け頃に消滅します(*^^*)


皆さんのご希望により、このまま残すことに致しました(笑)
てか…夜中にコメントありがとうねぇ~~m(__)m

テヤン@愛を込めて



この記事はピダムで保存することにしますね~~♪
新たにカテゴリーで「ピダムに贈る『詩』」を作っちゃいました♪
今後、これをシリーズ化したいと管理人構想中で~す


スポンサーサイト
2012_10
18
(Thu)01:30

☆ピダム無双…『風の歌声』☆



『風の歌声』~来日中のピダムさま(ナム君)に捧ぐ~




僕の声が君に届くだろうか?


君の姿が見えるのに
僕はそこに行くことが出来ない

こんなにも君を愛しているのに
僕は君の隣に立つことが出来ない

苦しくて…
君を想うと胸が張り裂けそうで…

なのに僕には愛を囁くことも許されない

たった一度で良いから
呼んで見ても良いだろうか?

愛の言葉に代えて
君の名を呼ばせて欲しい…

頬を伝わる泪の代わりに
君の笑顔が見たいんだ!







君は遠くで僕の姿をじっと見詰めていたね?

君の姿が僕にも見えるのに
僕はそこに駆け寄ることが出来ない

君の心を知ろうともせずに
硬い殻の中に閉じ籠った僕だから

哀しくて…
君を想うと心が潰れそうで…

だけど僕は一歩ずつ君に近付くよ

この世から消え去る前に
君にこの想いを伝えたいから

君に出逢えた喜びを
たった一つの言葉に託して

頬を伝わる泪の代わりに
君の笑顔が見たいんだ!



トンマン…トンマナ…
僕の命より大切な君…

愛していると…

僕の声を風が優しく
君の元へと運んでくれるだろうか?


トンマナ…愛してる…と…










☆こんな夜中にこんばんは~(^^)/
神経が研ぎ澄まされて?中々寝付けない管理人です。
そして…ピダムさまが来日されたのに…何もないのも寂しいかなぁって思ったテヤンです♪
SSはまだ途中までしか書けてないので無理だしぃ~
じゃあ、何かないかなぁ~って思って…
ピダムに捧げる『詩』第2弾!
やっぱ、テヤン、ピダム(ナム君)大好きです





2013_01
21
(Mon)05:23

☆永遠の…一秒先☆

夜の明ける前の…
もっとも暗い時間…

熱くて…目覚めた

ピダムの腕が私をすっぽりと包み込んで
私はまるで籠の中の鸚哥(インコ)のように
その枝に掴まって幸せな夢を夢見る

ピダム…
お前の美しい黒曜石の眸は瞼で覆われ
お前の甘美な声音は鳴りを潜め
お前の優しい笑顔は夜の静寂に溶け込んで

目の前のお前は幼子のように
こんこんと寝てしまっているのだが…

微かに私に掛かる寝息が
お前の温かな体温が
そしてお前の匂いが私を包んで離さない

ピダム…
愛している

私の命よりも大切なほどに

ピダム…
ピダム…
お前の頬に触れ、唇に唇をそっと重ねる


愛しくて…
幸せで…
温かくて…ああ、ピダム…


再び私はお前に誘われて
夢を見続ける…のだ


お前の眸が開く…
その瞬間…微かな時間…永遠の…一秒先…まで


ピダム…私の…








☆ちょっとばかしお悩み中?のブロ友Nさんに捧ぐ即興『詩』でした♪
夜が明けたら、陛下と一緒にファイティ~ン(^o^)v
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。