Welcome to my blog

風の歌声

Article page

スポンサーサイト

Category - スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category - スポンサー広告

SSS私のピダム 霪雨(ながあめ)






皆様、こんばんは~(^-^)/

怒濤の約2週間がやっと終わりました(笑)

タイトな生活でしたが…振り替えると楽しいことばかりが浮かんできます。

色々ありました、多くの皆様と出逢うことが出来ました。

そして憧れの地『慶州』へ行けたこと。
駅から降り立った瞬間、ぞくぞくと体の奥底から込み上げて来るものがありました。

月城や陛下の陵墓などはツアーには組み込まれていなかったのですが…リクエストをしたらツアー会社が快く引き受けて下さり、私の望みが叶いました。

本当に感謝の仕様がありませんm(__)m

エステのアジュモニや食堂のアジュモニにも本当に良くして頂き、韓国が益々好きになりました♪

また近い内に訪れたいと思っています。


今夜は雨は降っていませんが…梅雨らしいSSをお届けしたいと思います。

よろしかったらお読みになって下さいね~(*^^*)







夜明け前、ピダムの腕の中で目を覚ますと降りしきる雨の音が聞こえた。

暫くの間、雨音を聞いていると…

ピダムがもぞもぞと動き出した。

目を開けたピダムは開口一番に朝の挨拶をする。


「おはようございます。陛下…」


まだ上手く舌が回らないのに…
少しだけ無理をして挨拶をしてくれるその声はいつもと違って力なく。
起き抜けのピダムは子どものように可愛らしい。
私はピダムの頭を撫でながらこう言った。


「おはよう。ピダム…良く眠れたか?」


するとピダムは

「陛下は良くお眠りになられましたか?」


そう言って真っ白な歯を見せて微笑むお前がこの上なく愛しくて…
私はまだ暫くの間、王の仮面を被るのを止めることになるのだ。


「ああっ、お前のお陰で良く眠れた」


「陛下…」


ピダムの手が私の頬や頭を優しく撫でていく…
この上なく優しく…
私はその手に自分の手を添えてピダムの手の温もりを余すところなく感じるのが好きだった。


「ピダム…温かいな」


「陛下…」


そうしてピダムの温もりを感じながら、まだ幾分眠そうな黒曜石の眸を覗き込む。
眸と眸が重なりあって…
時が止まる。


「ピダム…(愛しい)」


この世にピダムと二人。
ただただ『幸せ』の中に漂う一時。
ピダムの胸の中にいる時にだけ、私は一人の女として息を吸うことが許される。





ドンドンドンッ!
突然扉を叩く音がしたと同時に廊下から声が掛かった。

「陛下、申し訳ございません」


ピダムが起き上がって、こう言った。


「何事だ!」


「火急の使者が参っております」


良く響く低音で取り次ぎの者をたしなめるように


「静かにされよ。陛下はまだお休みになっておられる」


「申し訳ございません。どうやら霪雨で各地に洪水の被害が出ている模様です。地方からの至急の上書が届いておりまして」


「支度をするから、暫し待たれよ!」


と幾分強い口調で答えたピダムは既に何時もの冷徹な司量部令になっていた。


「陛下、お聞きになられた通りです。お支度をなさって頂けませんか?」

私が縦に首を振ったのを見届けたピダムは急ぎ支度をしようと立ち上がろうとした。

咄嗟に私はピダムの上衣の袖を握ってしまった。


「ピダムゥ…」


ピダムはにっこり笑うと私を抱き締め、甘やかな口付けをしてくれた。
ピダムの舌に己の舌を絡める。


「うっん、あっ、」


たったそれだけで蕾が花開こうと疼きだすのが解った。
恥ずかしい…でも、狂おしいほどお前が欲しい。

ピダムはそっと唇を離すと耳元でこう囁いた。


「陛下、私も陛下と同じ気持ちでおります」


そう言って私の手を掴んで下肢に運んだピダムも苦しそうな顔をしていた。
私は自分の頬が真っ赤になるのを感じながらもピダムを見詰め返した。
だが、私たちに見つめあっている時間はもう無かった。



再び司量部令の仮面を被ったピダムは

「では、陛下、失礼致します。後程、執務室にお伺い致します」


そう言うと振り返らずに隣の部屋へ入って行った。
そうして私たちの『幸せ』な時は幕を閉じたのだった。





***

早朝、執務室で打ち合わせをした女王とピダムは、その後に開かれた便殿会議の場にいた。
既に女王には草案があり、各々にその役割を命じるところであった。
女王の左手に並ぶ上大等ヨンチュンから順次、王命は下された。


「上大等ヨンチュン公は王室と貴族からの支援物資がどのくらい出せるのか、把握して下さい」


「はい、陛下」


将来を担うチュンチュには王宮に残り自分の役割を見せたかった為に

「チュンチュ公は私の側で補佐をお願いします」

と命じた。


「はい、陛下。王命承りました」


「ユシン公はもしもに備えて、いつでも兵を動かせるようにしておくように」


「はっ、陛下」


「そしてピダム、そなたは各地の視察に行って参れ。司量部の兵たちを総動員して被害の確認をするのだ」


「はい、陛下」


「この度の霪雨で各地で洪水が起きている。民もさぞ困っていることだろう。ここにい並ぶ者全てが一致団結して、この危機を乗り切るように!以上です」

そう命を下すと女王は椅子から立ち上がり、便殿を後にした。





***

ピダムが徐羅伐を発ってから、日に一度報告の為の手紙が女王の元に届けられた。


『本日視察致しました押梁州は殆どの家が水に浸かり、このままだと疫病も発生しそうな程に酷い有り様です。支援が必要です。陛下はお変わりありませんか?また手紙を書きます。ピダム』

このような手紙を10通ほどは受け取っていた女王は無意識の内にため息をついていた。


「ふうっ…」


側にいたチュンチュが思わず声をかけた。


「陛下…如何されましたか?」


女王ははっとして


「いや、何でもない。それよりもう遅い、そろそろ帰るが良い」

とチュンチュに仁康殿から引き取るように促した。


「陛下、宜しいのですか?」


「何がだ?」


チュンチュはやや上目使いに笑いながら


「司量部令が居なくて、お寂しくはないかと。そう思いまして…」


女王はチュンチュに厳しい視線を送りながら


「寂しくなどない。それより早く退出しろ。一人になりたい」


そう強がって見せた。


「それでは陛下、お休みなさいませ」


「ああっ、お休み」


チュンチュを見送り、一人になった女王は仁康殿の中庭が見える所までふらりと足を運んだ。

今夜も雨が降っているのか…

雨音を聞きながら、そこで暫くぼーっとしながら佇んでいると…

佇む女王の背後に足音もなく近付き、そっと女王に目隠しをした者がいた。

女王は一瞬はっとしたが、それが良く知る者の手だと直ぐに解った女王はその不埒者の手に自分の手を充てて、その温もりを感じようとした。

やはり、温かいな…

感じようと暫くそうしている内に、心が震えて泪が目から溢れてしまった。

不埒者はびっくりして女王に声をかけた。


「陛下、如何されましたか?」


女王は不埒者の方に体の向きを変えるとこう言った。


「遅いぞ、ピダム。いつまで私を一人にさせるつもりだ!」


ピダムは別れた時と同じ司量部令の黒衣を羽織り、にこやかに微笑んでいる。


「陛下、只今戻りました。遅くなって申し訳ありません」


そう言ったピダムの黒衣が雨でしとどに濡れているのに気が付いた女王は


「ピダム、風邪をひいてしまうぞ!」


「大丈夫です。私は…」


ピダムはそう言うなり女王をフワリと抱き締めた。


「ピダム…会いたかったぞ」


「陛下…私もです」




そうしてその夜、女王はピダムの温もりだけを感じながら、幸せの中で微睡むのだった。

霪雨の音もなんのその、ピダムの香りに包まれた女王はこの上なく幸せな顔をしていた。










☆最後までお読み下さり、ありがとうございましたm(__)m
長く雨が降り続くという意味の長雨は『霖』や『霪』と書くのだと最近知りました。
綺麗な漢字ですよね~
『霖』は3日以上『霪』は10日以上降り続く雨を言うそうです!

どんな『霪』だろうとピダムが側にいてくれれば…退屈はしないんだろうなぁ~なんて想いから出来たSSでした(*^^*)


スポンサーサイト

Category - 女王編 『月』『曇』『雨』

- 9 Comments

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2012/07/17 (Tue) 23:47 | REPLY |   

テヤン  

リクエストあるなら…

ポーラスターMちゃんへ



>テヤンさん、こんばんはー(^^)

珍しく、おはよーございます(^-^)/
ご訪問&コメントありがとうございますm(__)m


>そして、お帰りなさーい!!
この間のコメントは空港からだったのですねー。ありがたやーっ(ToT)

正確には空港からではないのですが…
時間が取れる場所で少しずつ書き足していました(^^)v


>今回、ホントによい旅だったことがコメントの端々から伝わってきます。
よかったなーと…一緒に喜んでおりますよ☆(=^O^=)

ねーo(^o^)o
韓国文化を堪能出来た!そんな感じですかねぇ~
それと出逢ったナムペンの皆さんに笑わせて貰ったり、癒して貰ったり。
同じ気持ちを抱かなければ共感出来ない熱い想い、そして場所など(←ロケ地ツアーはナムペン同士でないと詰まりません)
ナムギルには会えなかったけど、この出逢いを大切にしたいと思っていますo(^o^)o


>帰ってこられてすぐに六本木&SS…お疲れじゃないですか?

疲れてないとは言えませんが…心が充実しているから乗り越えられる…そんな気がします(笑)
体力はある方なので大丈夫でーす(^^)v


>私は3連休"ひとり勝手にナムギル祭り"を自宅で開催していて夜更かしし過ぎ…昨日は爆睡でした(^^;;)
ナムギルからの発信はないけれど…恋した弱みですね。気長に待ちましょう(うーむ)。


一人ナムギル祭り、何をご覧になったのでしょうか?
そしてナムギルを待つこと。
もう何年も待っているので慣れました(笑)


>「霪雨」…よかったです(o^-^o)
前にも言いましたけど、テヤンさんのSS、前提が好きなんですよねー。
トン&ピが夜は夫婦のように一緒に過ごしていて。
幸せそうで…読んでいて思わず口角あがっちゃいます(*^-^*)

ありがとうございまーすm(__)m
テヤンの中ではトンピは夫婦以上の関係なので…自然とそうなってしまうんです、きっと。
魂の半身、空気のような存在、天命はそうだったんじゃないかと思いたいのです♪


>そして、ピダムがトンマンの前では”片端笑い”をしないんですよねー。
”にっこり”、”真っ白な歯を見せて”、”にこやかに”笑ったり微笑んだり…。
駆け引きがなくて、心が真っすぐに向き合っている(と思うのですが)のが
伝わってきて、とっても好きです(≧∇≦)♪。

今回はしません(笑)
SSによって微妙に違うと思いますが…
『霪』の中のピダムは癒し系ピダムとなっております(爆)


>「霪」は10日以上降り続くのですね。
本来なら不快指数90%以上!なのに、(災害はありましたけど)ほっこりやさしい気持ちになれました。

そーなんです。『霪』かなり降り続く危険な雨。
カビが生えそうで困ります、キノコも(笑)
不快指数90%も吹き飛ばすピダムの笑顔!

「お前のその太陽のように爽やかで眩しい笑顔を見られれば、どんなに辛いことも乗り越えられる、そんな気がするぞ。ピダム…」

陛下にっこりと微笑みピダムを見詰める。

「陛下…そんな顔をされたら…陛下…」

ピダム、ガバッと陛下を抱き締めて

「ぁ、ピダム…」

不快指数90%よりも更に暑苦しいトンピのイチャイチャは続く…


>P.S.の2 やったー!さっき拍手1200打でしたー。中途半端でした??

1200打ですか(*^^*)
皆様、拍手ありがとうございますm(__)m

今回は1200打記念ということで◎にしましょうかねぇ(^з^)(←いえ、リクエストはいつでもお請けしますよ!)

ただし、そのリクエストのSSが書けるかどうかは私の中のピダムやゴヌクがきげんよく語りかけてくれるかどうかに掛かっております(爆)
あしからず(((^_^;)

もしかして…夜のお話かな?

また遊びにいらして下さいね~
お待ちしています(^з^)-☆



2012/07/18 (Wed) 09:09 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2012/07/19 (Thu) 00:50 | REPLY |   

イオナ  

こんにちは

テヤン様、こんにちは♪イオナです( ^^)
前回は丁寧はお返事をどうもありがとうございました。

韓国の旅は充実したすばらしいものだったようですね!
良かったですね~vv楽しく拝見させて頂いております。
ナムギルさんに会えなかったのは残念でしたが…。
また新しい作品でお会いできますように…。

新作霪雨も拝読しました。本当に美しい文字ですね。
しとしと降る雨の美しい情景の中、トンピの寄り添う姿が
浮かんできました。やはりテヤン様のお話のピダムは
ドラマより幾分落ち着いた大人の殿方のようです。
こんな落ち着いた姿も見てみたかったですね~。


私もこの愛をなにか形のしてみたい…と思い
真に勝手ながらテヤン様のSSから浮かんだイラストを
ちょっと創ってみました。
私の好きなお話のひとつ「ぬばたまの」より…
ホタルが飛び交う場面場がとても美しいなと思ったので…。
テヤン様に捧げます!押し売りですいません(^_^;)

コメント欄には画像を添付できないようなので
イラストを拙サイトまたはブログにアップしてから
その画像のURLを添付したいと思いますが…問題ないでしょうか??
もしさしつかえなければテヤン様のサイトもご紹介
させて頂ければと思います<m(__)m>
問題があれば遠慮なくおっしゃってくださいね。


よろしくお願い致します。

2012/07/19 (Thu) 11:11 | EDIT | REPLY |   

テヤン  

梅雨無かったですね~

ポーラスターMちゃんへ


>テヤンさん、こんばんはー

こんにちは~(^-^)/(←最近は日が暮れるのが遅い)
ご訪問&コメントありがとうございますm(__)m


>やったー♪リクエストオッケーですかぁ。粘り勝ちかなーv(^^)vと言いつつ、すぐに出てこないのでじっくり考えてお伝えしたいと思います!

そーですか(((^_^;)
じゃあ、そのリクエストは1500打までお預けで良いかなぁ~(笑)


>若いピダム(花郎Ver)もいいし、大人ピダムも好きv-238、もちろん夜のお話は大好き!だって、トンピのイチャイチャは暑苦しいですけど、不快指数は限りなくゼロに近く…むふふふ~(*^^*)

実はテヤン、花郎時代のピダムって中々書けないでいます(^-^ゞ
書くときっと、浮気なピダムや盛りのついたピダムになりそうで怖い~(笑)
あの笑顔で迫られたら、女は堕ちてしまふ(*^^*)
なんて言いながら、かつて遊んだ女たちを使って影で仕事して貰ってる話は構想中なんだなぁ~


>梅雨明けもして、ますます暑さが厳しくなりそうですね。

ネー、そうですね(*^^*)
昨日も1~3時の炎天下で剣客商売のレッスンやってました!
だから、たぶん大丈夫だと思います。
Mちゃんこそ、攪乱しないように気を付けて下さいo(^o^)o

また遊びにいらして下さいね~
お待ちしています(^з^)-☆



2012/07/19 (Thu) 17:14 | EDIT | REPLY |   

テヤン  

楽しみにしてます♪

イオナ様へ


>テヤン様、こんにちは♪イオナです( ^^)
前回は丁寧はお返事をどうもありがとうございました。

こんにちは~(^-^)/
ご訪問&コメントありがとうございますm(__)m
再び、コメント下さり、とても嬉しいです♪


>韓国の旅は充実したすばらしいものだったようですね!良かったですね~vv楽しく拝見させて頂いております。
ナムギルさんに会えなかったのは残念でしたが…。
また新しい作品でお会いできますように…。

ネー(*^^*)
色々ありました。
新しい出逢い(オフ会)と…景色と…美味しい食べ物&ビール(笑)
それに漢方マッサージや慶州への旅。
ミンジュンさんにお会いしたことなど…
こんなに沢山書けるから…
ナムギルさんに会えなかったこと以外、楽しい思い出ばかりです!たぶん(爆)


>新作霪雨も拝読しました。本当に美しい文字ですね。
しとしと降る雨の美しい情景の中、トンピの寄り添う姿が浮かんできました。やはりテヤン様のお話のピダムはドラマより幾分落ち着いた大人の殿方のようです。
こんな落ち着いた姿も見てみたかったですね~。

きゃ(*^^*)
お褒め頂き、ありがとうございます♪
テヤンの中のピダムは既にドラマとは違う人格を持つピダムになっちゃってます(((^_^;)
と言って正反対でもなく…自分の理想のピダム像なんでしょうね~


>私もこの愛をなにか形のしてみたい…と思い
真に勝手ながらテヤン様のSSから浮かんだイラストをちょっと創ってみました。
私の好きなお話のひとつ「ぬばたまの」より…
ホタルが飛び交う場面場がとても美しいなと思ったので…。
テヤン様に捧げます!押し売りですいません(^_^;)
コメント欄には画像を添付できないようなので
イラストを拙サイトまたはブログにアップしてからその画像のURLを添付したいと思いますが…問題ないでしょうか??
もしさしつかえなければテヤン様のサイトもご紹介させて頂ければと思います<m(__)m>
問題があれば遠慮なくおっしゃってくださいね。

きゃーーーー(*^^*)
テヤンの拙いSSにイラスト描いて頂けたんですか?
嬉しいですo(^o^)o
早く見たいなぁ~

全く問題ありませんのでよろしくお願いしますm(__)m
そしてもし宜しければUPされたイラストをこのブログで紹介させて頂きたいと思います。

首を長くしてお待ちしております(笑)

また遊びにいらして下さいね~(^з^)-☆



2012/07/19 (Thu) 18:04 | EDIT | REPLY |   

テヤン  

イオナ様へ

おはよーございます(^-^)/

イオナ様、これは提案なのですが…もしもブログ開設が大変でしたら、秘密コメントで私にメアドを教えて下さい。

折り返し、私からメールを入れます。

そしてメールに絵を添付して送って下さいo(^o^)o

こんな方法もありますので…

もし宜しかったらよろしくお願いしますm(__)m

2012/07/20 (Fri) 06:13 | EDIT | REPLY |   

イオナ  

ありがとうございます!

テヤン様、こんにちは♪
イオナです。
温かいお返事どうもありがとうございました<m(__)m>

イラストご迷惑じゃないかと思いましたが(^_^;)
早く見たいとおしゃって頂いてとても嬉しいです。
絵は手描きとCGで描いてるんですが
今回はCGで描きました。


一応サイト&ブログは持っておりますので
アップするのはちっとも大変じゃないです!

でもメルアド送らせて頂くのでも全然OKですよvv

それではメルアド送らせて頂きますね。
その方が早いと思いますので…。

もしさしつかえなければテヤン様の風の歌声の
ご紹介とともに拙サイトまたはブログででも
イラストをアップさせて頂ければと思います(^O^)/

よろしくお願い致します。

2012/07/20 (Fri) 15:01 | EDIT | REPLY |   

テヤン  

何度もすみませんm(__)m


イオナ様へ



>テヤン様、こんにちは♪
イオナです。
温かいお返事どうもありがとうございました<m(__)m>


こんばんは~(^-^)/
やっと酔いが覚めました(笑)
返ってご迷惑をお掛けしたようでごめんなさいm(__)m


>イラストご迷惑じゃないかと思いましたが(^_^;)
早く見たいとおしゃって頂いてとても嬉しいです。
絵は手描きとCGで描いてるんですが
今回はCGで描きました。

凄いですね~
CGってPC使って描くのですか


>一応サイト&ブログは持っておりますので
アップするのはちっとも大変じゃないです!

そーなんですね♪
是非そちらに行かせて下さい。
他のイラストもあるってことですよね~(*^^*)


>もしさしつかえなければテヤン様の風の歌声の
ご紹介とともに拙サイトまたはブログででも
イラストをアップさせて頂ければと思います(^O^)/

はーい、よろしくお願いしますm(__)m


また遊びにいらして下さいね~
お待ちしています(^з^)-☆

2012/07/20 (Fri) 20:42 | EDIT | REPLY |   

Post a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。