スポンサーサイト
  •  --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
SS私のピダム 七夕 -星の宮-
皆様、こんばんは~(^3^)/

いよいよ明日は『七夕』ピダムのお誕生日です!

「ピダム、誕生日おめでとう♪」

「陛下、ありがとうございます」

と言ったか言わないか解りませんが(笑)

テヤンもトンピに捧げるSSを書いて見ました(*^^*)

「SS私のピダム 花菖蒲」の続きです。

よろしかったらお読みになって下さいね~


☆今回もいやらし表現があります。大丈夫な方だけ続きをぽちっとして下さいm(__)m







朝まだき…

身繕いをしたピダムが茶器を温め、茶を燻らせている姿をぼんやりと寝台から眺めている。

昨晩は自分がピダムに色を供す筈ではなかったのか?

そう自分は湯殿で宣言したのに…

ピダムの唇が…その舌が…その手が…それを許してはくれなかった。

あっという間に私の体を臼桃色に染め上げ、息をつくのもやっとな位に乱れさせられ…

日の光の中で思い出すと恥ずかしくてピダムの顔をまともには見られないでいた。

だから、まだ眠ったままのふりをしてピダムの姿をそーっと目で追っている。

茶を入れるだけなのに…その所作は優雅でとても美しい。

私だけの『菖蒲』の精霊。

お前を誰にも見せることなく、この部屋に隠していたい。

そんな不埒なことを考えている私は既に国を傾け始めた王になってしまったのかもしれない。

ふっと不安になり、眉根を寄せると…ピダムがすぐ側までやって来て寝台の端に腰かけた。


「陛下、朝から何をそんなに一生懸命に考えておられるのですか?」


私は驚きのあまり、目を真ん丸にしてると思う。


「ああっ、今度の七夕の節句の儀式の手順を考えていたのだ!」


咄嗟に口から嘘が出た。
そんな出鱈目な私の言葉にピダムは真剣になって耳を傾けている。


「そうですか、王宮の儀式は本当に多岐に渡っていますから、陛下も気苦労なさいますね?」


そう言ったお前の顔が昔の花郎時代の真っ直ぐなお前の顔に見えて…
私はまたお前の笑顔を私だけの物にしたいと心から思うのだった。


「ピダム…」


私が言葉を濁したことに勘づいたピダムはわざと私に声を掛けた。


「陛下、そろそろ起きて、彼方でご一緒に茶を飲みませんか?」


「そうだな。衣を羽織るから後ろを向いていてくれ」


寝台の端にあった衣を引き寄せようとした瞬間、ピダムは私を抱き締めて、朝だと言うのに唇を塞ぎ…


「陛下、私に嘘をつかれましたね?本当のことをおっしゃらないと離しませんよ!」


ピダムの舌が私の舌に絡み付き、肩を背中を胸を優しく淫らにその手で触れていく。


「…ぅ、あっん…」


そのまま、朝日の中で再びピダムと一つに溶け合った。






**

薄い陶器にピダムが翡翠色のお茶を注いで、私の目の前に置いてくれた。

二人向かい合ってそれを飲んでいると、ピダムが例の褒美の件を話題にした。


「陛下、約束覚えてらっしゃいますか?」


「ああっ、清遊のことであろう?」


「はい、陛下!」


ピダムはにっこりしながら、こちらを見た。
お前にそんな顔をされたら何だって許してしまいそうで…困る、困るのだ。


「お前の誕生日の七夕の日はどうだ?嫌か?」


「しかし、その日は宮中行事が昼過ぎまであって一日外に出るのは難しいのではないですか?」


そう言うとピダムが眉尻を下げて悲しそうな顔をした。
お前の喜ぶ顔が見たかったのに…

(だから私は侍衛部令に頼んでお前と二人外泊する許可を何とか出して貰ったのだ。 女王なのだから命令すれば良いのだろうが…侍衛部令はこの新羅の王宮で唯一私に説教が出来る強者だ!だからこそ、信頼でき尊敬出来る忠臣とも言える)

「ピダム…実はな…」


「はい、陛下…」


「七夕の午後遅くに出る替わりに、外泊しても良いと…侍衛部令から許可を貰った」


「本当ですか?陛下」


ピダムの声が上擦っているのが解る。


「本当だ。お前と二人きりで久しぶりに出掛けられる」


「陛下」


興奮したピダムに私は抱き潰されそうになった。






***


山に囲まれながらも見晴らしの良い渓谷を…男女の二人連れが歩いている。
女は紫色の衣に薄絹を垂らした笠を被り、男は髪を一つに結い上げて、真っ黒な衣を着ていた。
神国の女王トンマンと(その情人)ピダムであった。


「陛下、お足元が悪いです。私にお掴まり下さい」

ピダムが手を差し出した。

それを見た女王はピダムに向かって


「ピダム、からかっているのか?私はまだそんな(杖がなくてはならない)年齢ではないぞ!」


偉く自信ありげに答えた女王にピダムはクスリと笑った。すると女王は


「ピダム、何が可笑しい?」


「いいえ、陛下らしいお答えだなと思いまして…」


ピダムは宮廷を離れた為か少しだけぞんざいな言葉使いになっていたのに気が付かなかった。


(母とここを通った時は「疲れるから、支えてくれ」と。あの偉大なミシルが私のこの腕に体を預けてくれた。思えばあれは母の優しさだったのかもしれないな…

そして、目の前にいるこの負けず嫌いな女王は最後まで私に頼らずに歩き続けるだろう)

そう心の内で思いながらも、切り立った岩がゴツゴツした箇所に差し掛かるとピダムは先回りをして女王に再び手を差し出した。


「ピダム、大丈夫だ」


「しかし、陛下、万が一にもお怪我などなされたら、アルチョンに怒られるのは私です。どうぞ、この手にお掴まり下さい」

そう言ってにこやかに微笑んでいる。
女王は胸がどくんと高鳴るのをピダムに気付かれないようにそっとピダムの手に自分の手を重ねた。

「最初からこうして下さればよろしいのに…」

そう言ってピダムが女王の手をぎゅっと握りしめた。





**

すっかり辺りが闇に包まれた頃、二人は『佳穏亭』に到着した。


「陛下、本当に此処に来て宜しかったのですか?」


「何故だ?お前の行きたい場所なら何処でも良いと私は言ったぞ!」

そう言って女王はピダムに向かって満面の笑みを湛えている。


「陛下…」


ピダムはそんな女王が愛しくなり、その場でガバッと女王を抱き締めた。


「ピダム…んっ、苦しい。力を弱めぬか!」


「陛下、申し訳ありません」


ピダムが少しだけ項垂れたのを見た女王は抱き締められたまま


「ピダム、それより見ろ。星が綺麗だ。」


突然、そう言われて驚いたピダムだったが…空を見上げると満点の星がそこにあった。


「綺麗ですね。天の川も見えます。これでは織姫と彦星は今年は逢えませんね!」


「そうだな、逢えないな…」


(だが、お前と私はこうして此処に二人きりでいられる。お前の母の思い出の地で。
偶然だろうか?いいや、違う。
お前の母がお前を産んでくれなければ『ピダム』お前は此処にいない…そして私も璽主がいなければ『女王』にはなれなかったかもしれない。
だから…璽主、私たちにとって貴女は私たちの間に掛かる『烏鵲橋』に他ならない。
ピダムを私に与えて下さり、そして私を女王へと導いて下さり、感謝しています。璽主…)


夜空を見上げ物思いに耽る女王が一層魅力的に見えたピダムは女王に濃厚で蕩けるような口付けを落とした。


「ぁっ、ピダム…」


女王は堪らずに声を上げた。それを聞いて体の芯に焔が宿ったピダムは


「陛下、早く中に入って…」


そこまで言ったピダムの言葉を遮って、少し意地悪く女王はこう言った。


「入ってどうするのだ?」


ピダムも負けてはならじと


「それは入ってからのお楽しみと致しましょう、陛下…」


そう言って片方の口の端を上げて笑うピダムに、女王は今は亡き璽主の面影が重なった。


(此処にいる間は隣に璽主がいて、見張られてるようだな…)


そう思った女王だったが…今日はピダムの生まれた『七夕』であり、ピダムの誕生日を祝いながらも、その母を偲ぶ日であってもよいかもしれないと思うのであった。






ピダム…

七夕の夜はお前と二人…

煌めく星ぼしを褥に夢を見よう…

お前と共にいられれば、何処であろうと

そこが私の住まう『宮』なのだから…









☆最後までお読み下さり、ありがとうございましたm(__)m

このSSは「善徳女王」41~42話のピダムとミシルの清遊をそのままトンピにやって貰っています。

ピダムとミシルの母子、見た目も美しいですが…その舌戦が面白いと思います。

今回はトンピにも舌戦を少しだけやって貰うことにしました!


そして今日は7月7日。カウントダウンも残り7日。ラッキー7day(^^)v 777




☆いよいよ明日から管理人の怒濤の旅が始まります(←第1段、第2段は水曜日から)
本当はこのSSも明日の0時ちょうどにUPしようと思ったのですが、前倒しして6日に上げることにしました(笑)
旅行中はコメント等へのお返事出来ないかもしれません(ToT)
大変、申し訳ありませんがお時間頂きますね~(*^^*)
と、書いてしまいましたが…
何だか明日は雨のようなので…雨が続けば時間が取れるかもしれません(^^)v




スポンサーサイト

Comment - 8

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2012/07/07(Sat) 02:26

Edit | Reply | 

テヤン

いつも『愛』をありがとう(^з^)-☆


ポーラスターMちゃんへ


>ピダム、センイルチュカヘヨ~♪
クリゴ エオナジョソ チョンマル コマウォヨv-238
テヤンさーん、こんばんはー
今日は先にピダムにごあいさつしてしましました。ミアネヨ~m(__)m

おはよーございます(^3^)/
ご訪問&コメントありがとうございますm(__)m


>ピダムとトンマンの道行きがはっきりと映像で浮かびましたよ(^^)
めったにふたりで出かけることがないせいか、どこか初々しい姿のふたりでした。
思わずにこっとしちゃいました(-^▽^-)

そうですね♪
久しぶりに二人でお出かけ…ピダムが少し興奮状態にあるようです(笑)


>その後少しずつ慣れてきたふたりのかけ合いも…。
とにかく、ふたりきりであることがとってもうれしいふたり…。
そして愛する人の誕生日、その人の母に想い馳せ自分たちのかけ橋だと思いやる…。
「愛する」って相手の周りの人をも気遣い愛するものなんだなと改めて思ったりして。
なんだか、満たされた、やさしい気持ちになりました。
ピダムの誕生日に素敵な物語をありがとうございましたー。

「愛する」って難しいですよね~
ドラマのトンピはそれで失敗している?訳だし(((^_^;)

いつも励まして頂いて感謝しています(←これも『愛』ですよ~(*^^*)


>今日から怒涛の旅ですか?
東京、晴れて思い切りテヤンさんのお商売ができるとよいのですが。
今日から10日(くらいなのかなぁ?)怒涛&記憶に残る旅になりますよね。
返事なんかは気になさらず、思い切り楽しんできてくださいねー☆

ネー(^-^ゞ
今回は晴れなくても良いと思っています(爆)
体力温存しておきたいから。

この10日間は当分の間『記憶』に残るものになること間違いないでしょう(*^^*)
何とか乗り切らないと(^^)v


また遊びにいらして下さいね~
お待ちしています(^з^)-☆



2012/07/07(Sat) 06:53

Edit | Reply | 

イオナ

はじめまして!

はじめまして。イオナと申します。
拍手コメントが上手く送れなかったのでこちらにコメントさせて頂きます<m(__)m>

最近善徳女王全話見終わりました。
最後のトンマンとピダムの恋に消化不良を感じていたところ
テヤン様の風の歌声に出会いを物語を全話拝読させて頂きました☆

トンマンとピダムのLOVEなお話はもちろんのこと
とても情緒豊かで美しさを漂わせる文章に感銘を受けました。

今日は七夕、私の住まう所は生憎の雨となりましたが
ピダムとトンマンは思い出の『佳穏亭』で幸せにしているのね…と思うといや~良かったよ~( ^^) という気持ちでいっぱいです♪というかピダム誕生日だったんですね!


二人の幸せなお話を拝読しおかげさまで消化不良も幾分落ち着きました(^O^)/
本当にドラマでもこんな仲睦まじい姿を拝みたかったものです…。

キム・ナムギルssiは男前もさることながら演技も巧みな俳優さんですね!
私もすっかりファンになりました♪
除隊の際渡韓されるとのこと…お会いできればいいですね~vv

ではコメント失礼致しました<m(__)m>

2012/07/07(Sat) 12:10

Edit | Reply | 

テヤン

チョーミエヨo(^o^)o

イオナ様へ



>はじめまして。イオナと申します。

こんばんは~(^3^)/
初めまして管理人のテヤンと申します。
ご訪問&コメントありがとうございますm(__)m


>最近善徳女王全話見終わりました。
最後のトンマンとピダムの恋に消化不良を感じていたところ、テヤン様の風の歌声に出会いを物語を全話拝読させて頂きました☆
トンマンとピダムのLOVEなお話はもちろんのこと、とても情緒豊かで美しさを漂わせる文章に感銘を受けました。

ありがとうございますm(__)m
いや~ちょっと恥ずかしいですが…
素直にイオナ様の褒め言葉をお受けしたいと思います(笑)


>今日は七夕、私の住まう所は生憎の雨となりましたがピダムとトンマンは思い出の『佳穏亭』で幸せにしているのね…と思うといや~良かったよ~( ^^) という気持ちでいっぱいです♪というかピダム誕生日だったんですね!

そーなんですよ!
7月7日はウリピダムのお誕生日なんですo(^o^)o
清遊の場所をあれこれ考えたのですが…
最近、テヤンはミシル璽主がとても好きになり、何度かピダムとの清遊のシーンを見てる内に…
ああっ、このシーン良いなぁ~と思うようになりました(*^^*)
それで今回「佳穏亭」を採用したのでした♪


>二人の幸せなお話を拝読しおかげさまで消化不良も幾分落ち着きました(^O^)/
本当にドラマでもこんな仲睦まじい姿を拝みたかったものです…。

良かったです(^^)v
テヤンも悶えに悶えてましたから(爆)
ドラマでは叶えられなかったトンピのイチャイチャをこれからも頑張って書き続けたいと思っています(^-^ゞ


>キム・ナムギルssiは男前もさることながら演技も巧みな俳優さんですね!
私もすっかりファンになりました♪
除隊の際渡韓されるとのこと…お会いできればいいですね~vv

もうテヤンは彼にメロメロでーす(爆)
共に善徳&ナムを応援して行きましょうね~
会えたらご報告致します(←あまり期待しないで渡韓する予定です(笑)


また、遊びにいらして下さいね~
お待ちしています(^з^)-☆




2012/07/07(Sat) 19:14

Edit | Reply | 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2012/07/08(Sun) 23:06

Edit | Reply | 

テヤン

無事に生還(笑)


ポーラスターMちゃんへ


>テヤンさん、こんばんはー

おはよーございます(^3^)/
ご訪問&コメントありがとうございますm(__)m


>合宿お疲れさまでしたー。今頃打ち上げで盛り上がってますかね?

もうそれが大変でしたーーー(((^_^;)
合宿終了後、温泉&ビール(地ビール、美味しかった)までは良かったんですが…
運転手が眠くなったようで、死ぬかと思いました(爆)


>ナムギルまで、いよいよ、ホントついに5日と1時間になりましたねー。
出所(←ダメでしたっけ?ヘヘ)したナムギルがどんな姿を見せてくれるのか楽しみでたまりません(@^▽^@)
どんな姿…外見的にもそうですが、どんなことに挑戦するのか、どんな役を演じるのか…
「2年経ったのだから変わっていなくてはならない」なんて気負うことなく、そのままの姿を見せてもらえればそれだけで十分だな~と(*^-^*)
あ"~っっ恋しーよー、ナムギルゥーーー(≧∇≦)♪

いよいよどんどこ近付いてまーすo(^o^)o
楽しみでもあり、不安でもあり。
これは本人が一番思っていることかもしれませんね~(*^^*)
どう演じ、どんな姿を見せるかで、彼の2年間の成果が現れる訳ですから…
作品選びは特に念入りに検討しないとならない。
大変だけれども頑張って欲しいと思っています(←愛の鞭。ピシッ~(笑)


>ととっ、ここは「テヤンの部屋」、ナムギルへの愛を"勝手に"叫ぶ場所じゃあなかったですね…

『ナムへの愛』を叫んで下さい。
ここは『ナム萌え』ブログなんでOKでーす(^^)v


>でも、私ですら↑なんですから、テヤンさんの渡韓を待ち遠しく思われる気持ち、いかばかりかと…ドゥグンドゥグンしっぱなし☆じゃないですかぁー(゜∇^*)
ソウルの天気予報を見てみたら、週末は雨なんですね。

雨が降ろーが、槍が降ろーが…へっちゃらです(笑)
まだまだ天気予報は変わるかもしれませんし…
なるようにしかならないし。
『まっ、なんとかなるっしょ!』的なテヤンですから~(*^^*)
雨も吹き飛ばしまーす、たぶんきっと。
或いは、濡れても愛の力で乾かすか(←バカですね~)


>さぁ、明日ゆっくり休んだら、もうあさっては渡韓準備!しあさってはソウルの地に!!
ほんっとにお忙しいと思いますが、ファイティン!テヤンシv(^_^)v

テヤンシ、本日午後から剣客商売レッスンあり。
明日は新大久保でナム友たちとlunch(←この日じゃないと集まれない)
そして水曜日は渡韓!
今週は一日も休めません(*^^*)
詰め込み過ぎた自分が悪いのですが…今週は夏休みなので、目一杯遊ぼうと思っています(爆)
惜しみ無く遊ぶ(←by璽主@テヤン)

Mちゃんも一週間ガンバo(^o^)o


こんな感じなテヤンですが…
また遊びにいらして下さいね~
お待ちしています(^з^)-☆





2012/07/09(Mon) 07:11

Edit | Reply | 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2012/07/09(Mon) 22:31

Edit | Reply | 

テヤン

愛を胸に抱いて♪


ポーラスターMちゃんへ



>テヤンさん、こんばんはー

こんばんは~(^-^)/
ご訪問&コメントありがとうございますm(__)m


>土曜日の出所を控えてなんとなく落ち着かない…Mでーす(^^)

そーですよね。もう残り4日になりました!


>無事に帰ってこられて何よりですぅ。っていっちゃうくらいデンジャラスだったんですね( ̄△ ̄;)今日も練習とは…ご苦労さまです。でも、ナムギル意外にも懸けてるものがあるってうらやましいですよ。
休んでいてもどーせソワソワしちゃいますから、思いっきり夏休みしてください☆

ありがとうございますm(__)m
だいたい、渡韓前に強化?合宿に行くこと自体がデンジャラスですよ~(笑)
そして自分に体力があることを再認識させられた合宿でもありました(^-^ゞ


>ナムギル、テヤンさんのおっしゃるとおり、復帰作入念に検討しているんでしょうねー。
どんな作品でも役でも、ナムギルが演じるならハートのお目目で見るのに…(≧∇≦)
テヤンさんが愛の鞭なら、私は甘ーい飴あげちゃいまーす(*゜ー゜*)←決して戦いを挑んでいるわけでは(((^^;)
飴と鞭……より素敵v-223にナムギルを育てる法(笑)

飴は作品が完成して、より素敵になったナムギルssiを観てから、お願いします(笑)
視聴率も取れて、私たちファンが心の底から『素敵!』って思えるような…そんな作品にぶち当たることを祈るのみです(*^^*)


>ソウルの天気予報、ゆうべ見たのとは変わってきているような…
木金と晴れ時々雨…土曜日晴れるといいですねー。←天の意思が少しだけ必要…かな?-by璽主(笑)

なんだか、とてもパリッと晴れそうな…そんな気がするんですが…
なんせ自分『テヤン』なんで、お日様ひっさげてソウルに行きたいと思っています(爆)


>でも、雨で濡れてもホントに愛の力で乾きそー(笑)バカじゃないです。愛v-238、愛v-238、愛v-344です。

お猿の歌を思い出しました(←アイアイ.@.@)


>テヤンさんの1週間に比べ私のは…えーん、ナムギル帰ってくるのにすっごくイマイチ!
テヤンさんのお土産話で後からバーチャルソウルしますねっ!
では、無理せずエンジョイですよーテヤンシー(〃^▽^〃)

イマイチなんて言っちゃ駄目駄目(((^_^;)
想いは届くと信じたいから、ただナムを思って…
愛情を送るのみ。
柱の陰から、貴方をひっそりと見ていたい…
そうずーーっと思って来たので。
そっと、ひっそり、静かにナムギルを応援して行きたいと思っています♪
激しいのはピダムの抱擁シーンのみ(笑)

ではMちゃん、愛を胸に14日を迎えましょうね~

また遊びにいらして下さいね♪
お待ちしています(^з^)-☆



2012/07/10(Tue) 01:08

Edit | Reply | 

What's new?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。