スポンサーサイト
  •  --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
☆8月10~11日の拍手コメントへの返礼☆




皆さん、こんばんは~(^-^)/

『赤と黒』の地上波再放送が決まり、ウリナムギルの来日が濃厚になって参りました♪

それでもテヤンは先月の痛い経験があるので、心が完全に吹き飛ばないように…自重しております(笑)

来日が完全に決まってから騒ぎたいと思っていまーすo(^o^)o

続きは拍手コメントへの返礼です。

畳んでありますので、ポチッとしてからお読みになって下さいね~~(*^^*)










天使のMさんへ



>今晩は、テヤンさん。

こんばんは~(^-^)/

>『私のピダム、月光』拝読致しました。トンマンの心に、亡くなってもピダムの愛がしっとりとしみ渡っていくような・・・そんな印象でした。ピダムはやはり亡くなってしまったのですねぇ~寂しい!!!涙・・・ 

二人の結び付きは強いので…どちらが亡くなっても忘れられず…死ぬまで愛を貫く。
それがトンピの愛のイメージです♪

ただ…ピダムはあくまで死んだらしい…
捕まって処刑された訳でもなく…
姿を忽然と消してしまった、と思って下さい。
でも、昔ならそれは=死んだと同じことですね!

テヤンの中でもピダムを乱の後にどうするかは、まだ決定致しておりません。
と言うか…出来ない…のです(((^_^;)
わ~~~~ん、お許しをm(__)m
逃亡…ピューーーー


>でも、うれしい話題が! 赤と黒の再放送が決まったようですね~。やった~!またゴヌクに会えますね~!テヤンさん、命の洗濯をされて今後(笑)に備えてくださいね。暑い東京でお帰りをお待ちしています。

ネー、やった~~\(^o^)/ゴヌク、再び
そして…生ナムギルに会えるかもしれない♪
しかーし渡韓で痛い目にあってるので(笑)
あくまで『かもしれない』と思って備えることに致します(^^)v







ピダムの侍衛部令Mさんへ



>テヤンさん。お早うございます。
またまた、御邪魔をさせて頂きます。

はーい、こんばんは~(^-^)/


>拍手1500打記念リクエスト『SS私のピダム 月光』感涙に咽びつつ、拝見致しました。
かなり難しいな~…と思っておりましたのに、こんなにも早く、SSを仕上げて下さり、ありがとうございます。
十二分に、私の気持ちに応えて下さいましたよ!

そうですか~?大丈夫でしたか?
そう言って頂けて嬉しいです
ありがとうございますm(__)m


>『霪君』は…ピダム&トンマンの御子息だけの事あって、例え親元を離れて居ても、予想通りの『麗しく、立派な若君』に成長されていましたね(うん…うん。よい子だよい子だ…涙)
此処迄…苦労して養育してくれた、爺やと婆や…
そしてまた…広~い御心のなかで『霪』を育て下さった『我らがテヤンさん』の御苦労の賜物です。(感謝)

ピダム(ナム)似の男の子が居たら、そりゃ毎日よしよしって可愛がりつつ、ピシッパシッと愛の鞭を与えて、父ピダムよりも良い男に育つように頑張りたいけど…
親の気持ち子知らずで中々難しいかも(^^;)))
偶々、『霪(ウム)』の生来持っていた性格と資質がずば抜けてよかったのだと思います!はははっ(^o^ゞ


>当時の斑鳩と言えば、大都会です。
大都会の人混みのなかで、母と息子が出逢う。
擦れ違い様…一瞬にして、お互いの姿を心の刻みます。(スローモーションで3回…リピートですね)(笑)

そーーーだったのね(((^_^;)
斑鳩って大都会だったのね(((^_^;)
そりゃそうだ、政治の中心ですもの(ただ、既にその年代の都は難波に移っています)
映像イメージもありがとうございます(笑)


>人の運命は、予め決められている…と言われます。此れは偶然では無く必然の出逢い。
そして、父…ピダムは、優しく穏やかな月の光…と為って母と息子を包み込む…のですね。

決められていることも多いと思います!
何度か書きましたが…つい最近…
テヤンもソウルのナムギルオフ会で、実家がすぐ側で、同じ小学校(先輩、後輩)に通っていたライカさんと出会いましたから…
何十人もいた中で惹かれ合うのって、運命を感じます。しかも異国で
それが今月に入って解った時…ちょっと怖くなりました(爆)

偶然が重なると必然になり…
それを呼び込めるかどうかは『運』も必要かもしれませんね~~


>本来ならば、此処に『ピダム』にも居て欲しかった。(哀しい…)
『忠臣サンタク』さんも御健在ですし、『霪』も立派に母の支えと為るでしょう。
今回『霪』役のナムギルさん、御出演ありがとうございました。(ナムギルさん若く見えますら、teen-ager 役でもOKです!)

皆さん、ピダムは死んじゃったと思われてるみたいで…後書き読んだらテヤンもピダム殺してるし(笑)
ただ、私はトンピを自分のオリジナルSSの中では絶対に殺したくないのです(←ドラマ準拠は別)
だからと言って無事に会えてしまうのも面白くないですし…
この問題はタンスの一番奥に入れておくことにしますね♪

今回は『霪』と『司量部令ピダム』とでナム君2役。
脳内イメージで萌えて下さい!


>日本で、お会い出来る日を…お待ちしています。

会えると良いんだけど…(笑)
今回は慎重に…見極めたいと思います!


>…彼方では、ピダムは御無事です。此の後…再び侍衛部令の任に戻ります。
あらっ…目の下に隈が!不寝番の後なので、御容赦下さい。…(笑)…M

宜しくお願いしますm(__)m
多分、ピダムから『鶏』パーティーへの招待状がその内届くと思いま~す(*^^*)






明姫さんへ



>こんにちは テヤンさん

こんばんは~(^-^)/

>今日は 泣きながら読んでました。 ピダムの愛があまりにも哀しくて… でもとてもピダムらしいですよね

泣きながらも読んで頂き、ありがとうございますm(__)m
ピダムは純粋な男ですから…
『愛』の為に生き、『愛』の為に死ぬ。
そんなイメージがあります。


>私のイメージのピダムは トンマンのためなら 世間の常識も自分の立場も 自分の感情さえも二の次な人なので … 次の作品も楽しみにしてます(なんて図々しいかしら?)

明姫さんのイメージはそうなんですね♪
自分よりも愛する者を護り、愛する、自己犠牲に近い『愛』…今回のSSのピダムもそうでした。

次の作品では全く違うピダムになってしまうかもしれませんが…
それでも大丈夫でしょうか?

各々の心の中に住んでる自分の理想のピダム(のイメージ)
もしよろしければ皆さんの理想のピダム像のお話聞かせて下さい
勿論、明姫さんもこの場でもっーと熱くピダムを語って下さるのをお待ちしています(*^^*)





皆さん、また、遊びにいらして下さいね~~
お待ちしています(^з^)-☆


管理人テヤン




スポンサーサイト

Comment - 0

What's new?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。