風の歌声

ピダム&男前を愛する管理人の萌えブログです♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆8月26日の拍手コメントへの返礼☆



今日も暑い一日でしたね♪

そんな熱い空気の中にも秋の気配が近づいて来たのが解ります。

空を見上げると雲の様子が真夏とはちょっとづつ変わっていて…

ほぼ毎日外にいて空を眺めているテヤン

ここ一週間の空の青さと雲の感じがずっと気になっていたんです!!!

そう、気づかぬ内に『秋』が足音も立てずにやって来ていたんですね


話変わって…もうマリクレご覧になられましたか?

ナム君のNZでの写真『冬』の寒さが伝わって来ます。

季節の廻るのはあっと言う間…

お迎えも出来なくて、来日も不透明になった今。

来日が無理なのなら、せめて画面の中でキム・ナムギルssi、貴方が見たいテヤンです。

皆さんも同じ気持ちですよね?



ここからは頂いた拍手コメントへの返礼です。
続きをポチっとしてお読みになって下さいね~~(^_-)-☆



Gさんへ


>テヤンさん こんにちは。

こんばんは~(^o^)丿


>コメントありがとうございますvvお返事は改めてさせていただきますが、今回走るピダムとうなじピダムを頂戴いたしたく参りました。ええちょっとトンマンと共演させることできんかなーと考えてまして・・・。うまくできるかわかりませんが頂いてまいりますー、すみません。ほぼ強奪で・・・

こちらこそ、ありがとうございます<(_ _)>
えっ、走るピダム?とうなじピダム??
そしてトンマンと共演???
見た~~~い
実際のドラマでもこの組み合わせをもう一度…不可能じゃないと思うし(#^.^#)

どーぞ、どーぞ強奪なさって下さい←変だけど(笑)





ポーラスターMちゃんへ



>テヤンさん、こんばんはー(o^^o)

こんばんは(^^)/


>マリクレ、お手元に届いたのですねー。

届きました♪


>ナムギルどうでした?って、ステキだったに決まってますよね♪注文したばかりなので、うちに届くのはしばらく先だと思いますが、早く来ないかなー。待ち遠しいです!

どうって、そりゃ、頬でスリスリして…
思ってるよりも結構早く届くかもしれませんよo(^o^)o


>マリクレ片手に妄想も進みそうじゃないですか?妄想劇場も楽しみにしております(^^)

本人の姿が見えない時って本当に妄想が膨らみます!
今回はネタがあるのでより一層(笑)


>テヤンさん、ソルォン公がお好きだったんですかぁ。わかります、わかります。ソルォン公の「セジュゥ」(←ちっちゃいウがつくように聞こえる)がツボで、ひとり真似ては笑ってました。ソルォン公と言えば、璽主の足を洗ってあげるシーンにドキッとしました。女の足を洗うって、武将としては屈辱的な気がしますけど、ソルォン公は当然のようにやってあげていて…。ふたりの関係(上下的なことや"男と女"なんだなぁとか)やソルォン公のミシルへの"捧げる"愛がうまく表現されてるなー、なんて思ってました。

ネー(*^^*)
私も『セジュゥ』つぼです!
可愛いんですよね~~ソルォン公
ミシルとソルォン、女と男、上司と部下でありながら…その実、命を掛けて闘いが繰り広げられる場所では『戦友』な所がこれまたスッゴく良いんですよね~~
璽主が亡くなる前のソルォンとの会話、最高です(^-^)v


>この後『雲居』のつづきがUPされるとのこと。もちろんイチャイチャ・・・ですよねー( 〃∇〃)期待しておりますよ~(^o^)/~

ソフトな感じに思われちゃったかな?
どうでしたか?







天使のMさんへ



>夜分遅くに失礼します、テヤンさん。『私のピダム 雲居 おまけ』拝読致しました。

こんばんは(^^)/
まだ起きてましたので大丈夫ですよ~~
『おまけ』読んで頂けましたかぁ(*^^*)


>トンマンの微妙な心の動きがかわいいですねぇ~。ピダムとの関係を1歩進めたいけど、未知の世界に足を踏み入れるのはこわい・・・でも、ピダムに対する想いは確かめたいという乙女心。また、トンマンが強気でピダムに命令するところにトンマンらしさが出ているかなあ~なんて思いました。

『乙女心』と『公主のプライド』が鬩ぎ合い…
ピダムへの想いがまだ何なのか自分でも解らないトンマン。
『恋』なのか『独占慾』なのか…それとも???
初々しい感じを前面に出して描きました~~(*^^)v


>後の2人はどういう展開に?? 続きがまた読みたくなります。今晩はほのぼの~として眠りにつきます。ありがとうございました。

今後の二人?それってこの場での?
それともこの先?
エロか、初恋か…どっちかなぁ???
知りたい(笑)





再びポーラスターMちゃんへ


>テヤンさん、ふたたび…Mでーす!

はいはーい!!


>『雲居 おまけ』読ませていただきました。女王時代のトンピの愛はここから始まったんだー。そう思いました。ピダムは春の日差しのように温かくて明るくて…。「この気持ちが『恋』なのか…確かめてみたい」というのも好奇心旺盛なトンマンらしくて好きです♪若いふたりが抱き合うのは

読んで頂きありがとうございます<(_ _)>
これはまだ『恋』の始まりで…いつかはこれが『愛』に変わる。

そしてピダムの春?むむむっ、Mちゃん、『夏』だよ『夏』(笑)
コメントここまでしか送られて来なかったよ~~クスン

続き求む!!!





コメントありがとうございました♪

そして皆さん、『風の歌声』にご訪問&拍手をありがとうございます<(_ _)>

また、遊びにいらして下さいね~





スポンサーサイト

Comment

Post Comment

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。