スポンサーサイト
  •  --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
SS私のピダム 金のトゥリゲ

春の柔らかな日差しの中に絵から抜け出たように美しい女と男が立っている。

緋色の衣を着た女王がその御身を預けるようにピダムに寄り添い、漆黒の衣を着たピダムは今にも女王をかき抱かんとしている。


そんな仲睦まじい姿をひっそりと垣間見ている男が居た。

黄金で出来た甲冑をその身に纏い、見事な髭を蓄えたその顔に決して動かぬ深い眼差しを湛え、人々から巌の大将軍。
新羅の護り神と讃えられる上将軍キム・ユシンその人である。
ユシンは女王が郎徒の頃から女王を愛し続けて来た。

公主時代は元より今でも色供の臣として名を連ねてはいるが…ここ数年女王からの閨への御命は全く無かった。


(何故ピダムばかりを重用なさるのか…)


ユシンは女王を恨めしく思った。



「ユシン公」


そうユシンに声を掛けたその男キム・チュンチュは女王の甥である。
凛々しい眉と切れ長の艶のある瞳を持つ美丈夫で、その微笑みは徐羅伐中の女を魅了する。


「チュンチュ公」


「何をご覧になっていらっしゃるのですか?……ああっ陛下とピダムですか?」


「……」


「羨ましくお思いですか?」


「……」


「何故自分は閨に呼ばれないのか?何故ピダムばかりを重用されるのか?そんなところでしょう?…違いますか?」


ユシンはチュンチュの目をじっと見ながら


「そう言う貴方こそ、そう思っているのではないですか?私の妹を妻にしながらも、陛下の色供の臣に加わろうと影で動いていらっしゃるのを私は知っております」


それを聞いたチュンチュがユシンの耳元に近付き囁くように…


「それなら尚更話が早い。ユシン公…私は陛下を…いえ、あの美しい叔母上を私の腕の中で鳴かせて見たいのです。女王の正装を剥ぎ取りその中のほっそりとした乳白色の御体を一度で良いから抱いて見たいのです」


ユシンはチュンチュをじっと見返しながら


「チュンチュ公、お気持ちは良く解ります。あの至高の女人を一度でもその腕にしたら他の女人など只の木偶の坊になってしまいます故」


不敵な笑いをその口の端に乗せてユシンはそう言うとチュンチュに一礼してからその場を去って行った。


チュンチュはその切れ長の目を女王とピダムに向けると目を細めて


(ピダムめ、お前は本当に油断ならない男だ。陛下が色事に全く持って関心がないことは解っているが…お前が側で陛下にふりかかる火の粉を未然のところで防いでいるのは皆承知している。更にお前は陛下が閨に自分以外は呼ばないことを知っていて、色供の臣には多数の者の名を上げさせる。お前を羨む輩は多いぞ。ピダム…)


そう吐き捨てるように呟くとチュンチュもその場を離れて行った。





病み上がりの女王はカチェは着けずに髪を軽く結上げ、女王の正装ではなく赤い上衣を羽織るだけのゆったりとした格好をしていた。
そしてその御体を人前に見せたのは3月振りだった。
重い心の蔵の病とされていたがそれは表向きで、実は女王は子を産むために秘路にある一室に籠っていたのだった。

何故籠らなくてはならなかったのか。
それは他でもない司量部令ピダムとの間に出来た子だったからだ。

もし二人の間に子が出来たら…それはチュンチュにとって大きな障害になる。
詰まる所、王位継承の争いの火種となってしまう。
それを恐れた女王とピダムは出産を二人だけの秘密にしようとした。
しかし子は無事に生まれては来なかった。
あまりに長い陣痛の後、子は息をせずに生まれて来た。死産だったのだ。
出産時に力を使い果たした女王は気を失った。
そして目覚めて、その事を知った女王は半狂乱になった。
勿論それをピダムが長い時間を掛けて宥め、片時も離れず看病をした。

やっと女王の心と身体が落ち着きを見せ始め、女王の御体を仁康殿に戻すことが出来たのが昨晩のこと。
夜が明けて…
久しぶりに窓を開け放してピダムが女王を誘う。


「陛下…こちらへいらっしゃって少し外をご覧になられては如何でしょうか?丁度梅の花が見頃でございます」


女王はぼんやりとピダムの方へ視線をやると小さく頷き、寝台から降りるとそろそろと歩き出した。
そんな女王をピダムは心配そうに見詰めている。
それに気付いた女王はピダムに向かって笑って見せた。


「陛下…」


その精一杯の作り笑顔が悲しくなったピダムは女王に歩みより、更にほっそりとした身体をそっと抱き寄せた。


「陛下…ご無理はなさらないで下さい…」


「…ピダム。大丈夫だ」


女王はピダムに心配を掛けまいと必死に言葉をつぐむ。それがピダムには痛々しかった。
そんな女王をピダムは真綿に包み込むように優しく抱き締めた。


「陛下…御本復のお祝いにこれを作りました」


ピダムの手のひらに乗っていたのは金と翡翠で出来た豪奢な作りのトゥリゲだった。


「陛下…ピダムがおつけしても宜しいでしょうか?」


そう言うとピダムは女王の左の耳たぶにそっと触れてトゥリゲを小さな穴に差し込んだ。
もう片方も同じように差すのだろうと女王は待っていたが


「陛下…申し訳ありませんが片方しか差し上げられません」


何故だ?と言う顔で女王がピダムを見たのでピダムは続けて


「もう片方はあの子につけて送り出しました。陛下がやっと立ち直られたのに…思い出させるような振る舞いをお許し下さい」


そこまで言うとピダムはひと息ついてから静かな目をして


「父として…あの子の父として最初で最後の贈り物をしたかったのです。」


そう心の底から絞り出すように囁いたピダムの声に女王は、子を失って悲しんでいるのが己だけではないことを…
ピダムも深く傷ついていることを知った。


「ピダム…」


女王の頬を涙が一筋流れて行く。
だがそれは悲しみの涙ではなく慈愛の涙へと変わっていた。


(ピダム…ありがとう。逝った子を愛してくれてありがとう)


微笑んでいるのか泣いているのか、不思議な表情で困惑しているピダムを女王はギュッと抱き締めた。


「ピダム…あの子は私たち以上に仏に愛され過ぎてあの世に召された。そう思うことにする」


「私にはお前がいる。お前がいればそれで良い…」


そう言うと女王はピダムの唇にふわりと口付けを落とした。


(決して忘れない…吾子よ)


その時耳元の金のトゥリゲがシャラリっと音を奏でた。






☆★☆★☆

ガイドブックの装飾品の写真を管理人はいつもうっとりとした目で眺めています。

(あ~~綺麗だなぁ。良いなぁ。つけて見たいなぁ。)心の声(笑)

トゥリゲという響きもとっても素敵だなぁと思います。

実は管理人、昔からイヤリングが大好きでほぼ毎日耳につけています♪

トゥリゲは大きなピアスなんですが…

それがつけられるなら…穴を開けても良いかなぁ。と思っています(←えっ(゜レ゜)

そんなイヤリング好きな管理人の妄想からこのお話は誕生致しました。

そしてトゥリゲをピダムにつけて貰う。

ああっトンマンが羨ましいな!!!!

終わり。



スポンサーサイト

Comment - 2

うさこ ̄(=∵=) ̄

金のトゥリゲの揺れる音

金のトゥリゲ

静かで綺麗なお話ですね…(痛ましいけど綺麗)
「トゥリゲの揺れる儚い音のような物語」と思いました。

金のトゥリゲを付けたうさぎ一瞬想像しかけましたが長い耳にはイマイチ似合わないので止めておきます(笑)
でも ̄(=∵=) ̄も以前はピアスをずーっとつけていましたが最近はしまいっぱなしです。

チュンチュやユシンの思いはどういう行動に結びつくのかピダムの女王への優しさは本物でしょうが、でも別の顔もありそうなピダム…いいですねどうなるんだろう?

あ、…色っぽいシュチュエーション今思いつきました!
そのうち使おう!(笑)

テヤン様のところで閃きを頂きました(ぺこりん)

ではうっかり閃きを何処かへ落っことさないうちにおいとまします(笑)

2012/03/27(Tue) 06:20

Edit | Reply | 

テヤン

金のトゥリゲは愛の証


うさこ様へ

こんばんは~
今日は穏やかな春らしいお天気でしたね~
でも花粉がいっぱい飛んでましたね(^^ゞ
ちょっぴり鼻水が…今日はあれ困ったなテヤンでした。

> 静かで綺麗なお話ですね…(痛ましいけど綺麗)
「トゥリゲの揺れる儚い音のような物語」と思いました。

ありがとうございます<(_ _)>
最初はトンピがイチャついているのをユシンが指をくわえて見てる…
みたいなシーンを思いついたんですが書いている内に方向転換しました(笑)
続編ではありませんがこれから書こうと思っている善徳仏教シリーズ?の
始まりのようなお話だと思って頂けると嬉しいです!
美しいのだけれど物悲しくもあり…


> ̄(=∵=) ̄も以前はピアスをずーっとつけていましたが最近はしまいっぱなしです。

この機会に一度カムバックなさって長いお耳にピアスつけて下さいな。
是非拝見したいです♪


> チュンチュやユシンの思いはどういう行動に結びつくのかピダムの女王への優しさは本物でしょうが、でも別の顔もありそうなピダム…いいですねどうなるんだろう?

すっ鋭い!!!


> あ、…色っぽいシュチュエーション今思いつきました!
そのうち使おう!(笑)

あらっ(*^^)v
うさこ様の色っぽいは本当に色っぽいから楽しみにしております。
どんなシュチュエーションなのかな??
あんな感じ?こんな感じ?
カシミアティッシュを買って待ってまーす。

コメントありがとうございました(^o^)丿



2012/03/27(Tue) 18:20

Edit | Reply | 

What's new?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。