風の歌声

ピダム&男前を愛する管理人の萌えブログです♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆1日だけ…日本語バージョン&12月12日の拍手コメントへの返礼☆

皆さん、こんばんは~(^o^)/

イ・ジュンギ君主演の『アランサト伝』
既に後半に入り、LOVEラインもいい感じになって来ました!

すると…とあるシーンで日本語の歌が聴こえて来るではありませんかーーー(((^_^;)

そーなんです、イ・ジュンギ君が日本語で歌っているんですよ~

ああっ、これがナム君だったら…
きっと管理人はTVの前で悶え死んでるんだろうなぁ~(笑)なんて。

とても素敵な曲ですので、下の文字をぽちっとして聴いて見て下さいね♪(大分前に韓国語バージョンはUPしました)


「イ・ジュンギ 一日だけ(ハルマン)(日本語バージョン)」




ここからは頂いた拍手コメントへの返礼です。
返信が遅れて申し訳ありませんm(__)m
続きをぽちっとしてお読みになって下さいね~♪




ポーラスターMちゃんへ


>テヤンさん、こんばんは~。

こんばんは~(^o^)/


>「その六」拝読いたしましたー。
リエンの話だけじゃなく、ピダムとヨムジョンとの信頼関係とか、ミセンの能天気ぶりとかが見てとれて面白いです。
それに、ヨムジョンの役者さん、私好きなんですよ。
「インスンはきれいだ」に出ていた方ですよね。善徳以外で見たときには、落ち着いた誠実な雰囲気で魅力的です!

お読み頂き、ありがとーございますm(__)m
今回のシリーズにはピダムを取り巻く人々も何度か登場して貰っています♪
司量部の影の仕事の部分(例えば牢で死んだ捕虜が毒殺であったが為にその毒がどういうルートで宮廷に持ち込まれたのかを探る。解毒薬があるのかどうか。更には開発?そんなこともやってるんだよ~んって書いて見たかったのです)
テヤン部屋のヨムジョンはピダムの良き理解者であり、頭脳明晰な静かなる男として設定してあります。
何せ『ピダムの乱』…ご存じのように我がブログではヨムジョンが引き金を引かないんで(^_^)v


>リエンもどうなるんでしょう??
新羅のみながリエンがピダムを罠にはめたことを知っているのに、リエンはまだそのことに気付いていないんでしょうか?
トンマンの落ち着きはらった応対の陰になにがあるんでしょう??
謎は深まるばかりです。

どーなるのかは秘密です(^-^ゞ
でも、リエンがピダムを罠にはめたことは一部の人間にしか知られていません(((^_^;)
そしてトンマンはピダムを護る為なら何だってやっちゃいます
ポーカーフェイスでリエンを誘う女王トンマン…その演技力は流石一国の女王陛下です♪


>私としては、ひとつガツンと懲らしめてやってもらいたいもんですが。何と言っても、新羅一の美剣士ピダムを、卑怯な手で亡き者にしようとしたんですから。
美青年としても許されませんよ!!
リエンをひどく罰して欲しい反面、トンピの大人の対応はどんなものなのか、想像がつかないので楽しみです。
テヤンさん、ゆ~っくり考えてくださいねー(^^)

リエンは大国唐の使者。
そう簡単には手を出せない(既にピダムが肩の骨を折ってるしね)相手です!
トンピがどのように報復するのかは…それも秘密です。
果たして『報復』出来るのか?
ドラマのように多少は劇的にしたいなぁ~って思っております(^_^)v






Nさんへ


こんばんは~(^o^)/

>またまた、素晴らしい作品を・・・ありがとうございました。
もう、何度も読み返しました!

お読み頂き、ありがとーございますm(__)m
何度もですかぁ?
恐縮してしまいます(^-^ゞ


>「あーん」・・・萌え・・・(#^.^#)
私もピダム公のお世話がしたい(笑)
ピダム公もそうですが、ナムギル様も母性本能をくすぐりまくりですよね~
ツボを押されました

「あーん」萌え
笑えますが…ピダムが相手なら「あーん」だろうが「うーん」だろうが…何だって言えますよ、きっと(笑)
『母性本能』を擽る男・ナムギル様
本人は恐らくそんな風には思ってやっていないところが超恐ろしい!!!
解っているんだろうか?
『魔性の男』に魅いられた私たちはあの妖しく煌めく眸の中に閉じ込められ…
その深淵の泉の底から這い上がることも許されず…
益々その深みに脚を絡み取られて行くのです
なーんて(^-^ゞこれじゃ、『煉獄の佳人』ならぬ『魔界の囚われ人』になっちゃうかぁ~
でも、幸せだから良いですよね?
皆で溺れましょう(笑)






IRさんへ


こんばんは~(^o^)/

>いいですね~☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆
「あ~ん」してお粥を食べさせてあげるなんて。
可愛いすぎて萌えました(//∇//)

お読み頂き、ありがとーございますm(__)m
良いですよねぇ~
好きな人に「あーん」して貰えるのって(笑)
今回は皆さんのご要望にお答えして、このシーンを書いて見ました!
確かに『萌え』度はMAX
このシーンだけを抜粋したミニSSを出そうか出すまいか、迷っております(^_^)v


皆さん、拍手&コメントありがとーございましたm(__)m
また遊びにいらして下さいね♪
お待ちしておりま~す(^з^)-☆




スポンサーサイト

Comment

Post Comment

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。