風の歌声

ピダム&男前を愛する管理人の萌えブログです♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆12月4日の拍手コメントへの返礼☆

rikoさんへ


こんばんは~(^o^)丿

>テヤンさんお久しぶりです~!だいぶご無沙汰しておりました。

おおヽ(^。^)ノ
お久しぶりで~す。お元気でいらっしゃいましたか?


>この作品よりも前のものでまだ読んでない作品もあるのですが、題名に惹かれて(笑)先に読んじゃいました。
まだ青い頃の花朗ピダム、いいですね~!
「公主様さま、年頃の男にそのように~さもないと…」このセリフ好きです(^^)
トンマンみたいに「さもないと…どうするんだ、ピダム?」と言ってみた~い。
本人に自覚がない女たらし・・・ピダムらしいですね!
昼下がりに読むのにちょうど良いほんわかしたお話と思っちゃいました。
楽しいお話ありがとうございます。続きも気になります~。

お読み頂き、ありがとーございます<(_ _)>
この作品は久しぶりに書いた『公主編』です♪
お楽しみ頂けて嬉しいです
なんせ、このブログは『女王編』が圧倒的に多いですから。。。青いピダムには中々お目にかかることが出来ません(笑)
生来の女たらし…と言う設定は最近のナムギルさんを見て管理人がそう思ったので、思った通りに書いてしまいました~(^^ゞ
ナムペンの皆さんの中にはそんなことはないわよ!とおっしゃる方も多いかもしれませんが…
だってインタビューの姿を見ただけでキャーキャー騒げる人ってあんまりいないんじゃないかとテヤンは思うんです。
今まで過ごして来た人生でここまでその『顔』『姿』『声』etc.と熱狂的に惹きつけられた男性はいなかったので。。。なんつーか男のくせに『艶』『美』『エロス』を醸しだすってのがね。。。凄いなぁって思う訳ですよ!!!!!
すみません、話が逸れちゃいました~(^^ゞ
来て頂いてとても嬉しかったです♪






天使のMさんへ


>こんばんは、テヤンさん。

こんばんは~(^o^)丿


>遅くなりましたが、10ヶ月目突入おめでとうございます。
『私のピダム 宿り木』拝読させて頂きました。
司量部令ピダムが大好き~な私ですが、この花郎ピダムもとても素敵ですね~
純粋に真っ直ぐにトンマンに向かっていく様子が好きです。
のちに大人な司量部令ピダムになる片鱗もちょっぴり感じさせつつ・・・そして、何よりもたくさんの二人のLOVE・・・愛が詰まっている気がします。
こんな二人をドラマでも見たかったと思う私はわがままかもしれません。
テヤンさんの小説の中ではいつまでも幸福なLOVE&エロいっぱいの二人でいて欲しいです!!!

ありがとーございます<(_ _)>
お陰さまで10カ月目を迎えることが出来ました♪
『宿り木』お読み頂き、ありがとーございます<(_ _)>
これだけ読むと閨のお話なので『エロ』になってしまいますが…
その前の『落ち葉焚き』から続けて読んで頂くとそうでもないかもしれません←言い訳(笑)

テヤンも司量部令ピダムが一番好きなので、どうしてもその時代のお話が多くなっています。
ピダムファンの方は花郎ピダムがお好きな方が多いのかなぁって管理人は思っているんですが…
一度このブログを訪問して下さっているピダムファンのアンケート取って見たいなぁって思っています
どのピダムが一番人気あるんでしょうねぇ???

今後もやはりLove&エロ路線は変えずに頑張って行きたいなぁと思っています


>PS:旅行のお疲れが出易い時期かもしれません。どうぞ、腰を大切になさってくださいね~。

コマウォヨ~<(_ _)>
昨日で大役が終わったので(笑)少しゆっくりしたいと思っています。
天使のMさんも風邪を召されないようにお体ご自愛下さいね~♪






シンガーソングライターTさん


こんばんは~(^o^)丿

> なるほど、たしかに まっすぐな花郎ピダムから、トンマンの立場を思いやって振舞おうとする司量部令ピダムになりかけていましたね~。
こうやって、どんどん大人のいい男になっていくんですね~。
最後の月の描写がいいですね~。
若い二人を見守ってゆらゆら・・・。ってとこ。
韓ドラには、月の描写が、多い。
恋人を想い月を見るって場面がよくあるし、そこで、ど~んとOSTが。
あるドラマで、上弦の月が出ているところに、欠けた半分に想い人の映像がかぶっていて ちょうど、満月になるんです。
さすがに、ちょっと やりすぎみたいな感じもしたんですが。
夜空を眺める度に、思わぬところから、毎回違う形と色で現われてくれる お月様はすごいです。

お読み頂き、ありがとーございます<(_ _)>
花郎ピダムは何処までも奔放に格好良く書きたいんですけど…
今回は作者が少しナーバスになっていた為か…ほんのりと影が出来てしまいました(笑)

『月』の描写…
確かに韓国ドラマには良く使われますよねぇ~
日本の古典の多くにも使われてます!ご存じだと思いますが…
『源氏物語』にも『朧月夜の君』なんていう美しい女性も登場しますし…
月は『女性』の例えですから♪物語を書く時に必ず使いたくなるアイテムの一つです。
そして月は見る者の心にその時々の風情を与えてくれる不思議な存在(春には春の、冬には冬の違った姿を見せてくれ、感動を与えてくれる。月は何時でもただの月なのに。。。)
なんじゃないかなぁ~ってテヤンは思うんです。
だってもう云十年見てるのにちっとも飽きないんだもん


> またまた、細かいことなんだけど・・・。ピダムが湯船の中にに入っていて、トンマンがやって来るでしょ。
あとの場面でピダムは湯船から上がって敷物に移動しているからして・・・。
トンマンも、湯船の中にいたの? それとも、湯船の外なの?
「寒くはないですか?」と聞いているから、やはり外なのかな。
二人で、お風呂のお湯の中でというパターンは、まだ、未知の体験ですかね。

来た来た来た\(◎o◎)/!
もー絶対にそこ来ると思ってました(笑)
お風呂の中にいたのはピダムだけです。そこにトンマンがやって来て…
浴槽を挟んで二人は初め抱き締めあってる訳です。
それでピダムが浴槽からヨッコラショって上がって、トンマンを敷物の上に押し倒すんです。
ほっかほっかの湯気の立ってるピダムに抱き締められてるトンマンって言う設定です。
もう一つ、一応『オンドル(床暖)』あるって設定にしてあります。
じゃないと寒くて裸では無理だから。。。(笑)
お風呂の浴槽の中でのLoveなパターンですか。。。
うん、まだ書いてないような気がします(^^ゞ
今度挑戦したいと思います♪


皆さん、拍手&コメントありがとーございました<(_ _)>
また遊びにいらして下さいね~


ちょこっと呟きを。。。

現在、二つのSSを同時進行で書いている最中です。
全く違うお話なのであっちを書いてこっちを書いて気分転換しております


↓久しぶりにこの方のお話も。。。今回のお相手はテラじゃありません(?_?)

gonuku.jpg


書き上がり次第UPする予定でいます♪

このところ、ナムギルさん関係の本やカレンダーの発売や予約。
そしてFBの更新等、ナムギルさんがメディアに沢山登場して下さってるので話題は尽きません。
ぜーんぶ網羅したいと思うのですが…それをやってるとSSは書けないし…お金も掛かるし(笑)
うーん、チョイスして自分の欲しいものだけ買い、見たいものだけ見れば良いかなぁってテヤンは思っています。

だってテヤンはドラマや映画の中で動いているナムギルさんが一番好きだから

と言いつつも後ろ髪は常に引かれちゃってるテヤンです(^^ゞ




スポンサーサイト

Comment

Post Comment

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。