スポンサーサイト

 --,-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆12月13~14日の拍手コメントへの返礼☆

 16,2012 21:00
皆さん、こんばんは~(^o^)/

今日はナム君のファンミが韓国で行われましたね~
どんな感じだったのかなぁ?

ファンミが行われる時間に時計を見ながらソワソワしちゃったテヤンさん(笑)

行きたかったなぁ~とは思うものの…この忘年会続きの日程では絶対に無理ぃとか思ったりもして…(^o^ゞ
来月は日本でもファンミあるしね~(*^^*)
我慢、我慢(笑)


ここからは頂いた拍手コメントへの返礼です。
続きをぽちっとしてお読みになって下さいね~(^з^)-☆






ポーラスターMちゃんへ


>テヤンさん、こんばんは~。

こんばんは~(^o^)/


>ですよ!です、です!!って、「ピダムが泣いて走った道」のことです。
あ、トンマンがユシンと逃げた道なんですか。そうですよねー。いろんな場面で出てきますよね。でも、私にとってはピダムが走った道なんですよ。
33話で、テヤンさんの写真手前から奥へ向かって走ってるんですね。そして、テヤンさんの写真で気付いたのですが、道の片側に人型の像が置いてあるんですねー。
なんか…いろんな発見があって、、感激です!
あの道がこの写真と同じ!!なんて思うと。
”その場”に立ったら、そりゃぁ大興奮!
妄想は尽きないでしょうねー。

それがねぇ~雰囲気が違うんですよ~!
これはその場に行かないと解らないんですが…
″兵どもが夢の跡″って感じです(塗料が剥げ落ちていたり…どこか寂しげ)
一度現場を見て…ドラマを見て確認!
更にもう一度現場に行くとどのシーンがどんな角度で撮影されたのかが解って面白いかもしれません。
初見だと微妙にどのシーンでどっちから撮っていたっけ?になってしまうかもしれないので(^-^ゞ
次回はもっとゆっくり自由に廻りながら確認したいと思っています♪
あっ、そうそう(*^^*)
ピダムがトンマンに花を渡すシーン。
あれが何処で撮影されたのか…やっと解りました(^-^ゞ


>ところで、『赤黒』今ひとつなんですかぁ?
愛する気持ちは溢れているのに表に出せなくて、愛されることにはとても飢えている。
哀しいゴヌクは見ていると、とっても切なくて…(TT)
ジェインとの触れ合いで、ゴヌクの心の渇きが少しでも癒される様子を見たいです!

うーん、そーなんだと思います(((^_^;)
このブログにいらっしゃる皆さんはゴヌク<ピダムの方が多いのかなぁ~って思っています♪
私にとってはゴヌクもピダムも愛するナム君が演じてるから、どっちもですが…
やはり好みを申せばピダムに軍配が上がるので(笑)

ゴヌクの心の渇きですか…
彼は本当に愛されることに飢えているのでしょうか?
あんなに他人に優しい人が…
その辺りも描いていけたらと思っています(*^^*)


>今はピダムSS数本ですか?
妄想すれど、創作せず!の私ですからよくわからないのですが、SSは別々の話を同時進行で考えられるものなんですか??
すご過ぎです・・・ご無理なさらず、、でも、ファイティンでーす!!

そーなんです(^-^)v
いつも同時平行で書いていること多いんですよ♪
そうでない時もありますが…
一つの作品を書いている時に急に違う作品が書きたくなったりする時があるんですよ~
どの作品が先に完成するか解りませんが…書き上がり次第、UPして行こうと思います






Nさんへ



こんばんは~(^o^)/

>テヤンさま・・・ったら・・・(*^。^*)
これから干し柿を見る度にピダムを思い出し
いろいろと想い描き、赤面してしまいそうです(汗)

ふふふふふっ(^o^ゞ
すみませーん、確かに干し柿を口にした瞬間…ピダムの唇の感触と舌触りと…なーんて妄想しちゃいますよねぇ(笑)


>ピダムに手を握られたら
眠るどころか、目を閉じることも出来なくなってしまいます(*^^)
素敵なお話をありがとうございました☆

確かに勿体なくて寝たくない!ってことですか?
ほら、でも毎日側にいてくれるのですから…
ぐっすり眠りましょう♪
朝にはベッドの隣でピダムが寝てる筈ですから
目をそっと開けるとそこには…黒曜石の眸が貴女を見詰めてる…筈♪







ポーラスターMちゃんへ その2


>テヤンさん、もういっかいこんばんは!です。

はーい、こんばんは~(^o^)/


>「干し柿」拝読いたしました。
やさしいですっ!あたたかでしたっ!!
ヘンなこと言いますけど、トンピがふたりで水菓子を食べてから15年くらい経っているのではないかと想像するのですが…?
何年経っても相手の喜ぶ顔が見たい!という想いを持てるピダムが素敵です。
っていうか、好きです(≧∇≦)
そして、大人ピダムがすっかりなりをひそめて、突然遠慮深くなっちゃったり、鈍感になっちゃったりする、落差の激しいピダムがかわい過ぎっ!

えっと、15年くらい経ってる?って言うのは公主時代から今までって意味なのかしら?
相手の好きなものは何年経っても覚えていて…それを見つけた時に『一緒に食べよう』と思うのは普通なのではないかと…
今回のお話はブロ友さんへ捧げるお話だったので…どーしてもピダムがトンマンを見舞うシーンを入れたかったんですよ~(^-^ゞ
それが偶々って処が自分では気に入っていたんですが…
今回のピダムも大人ピダムなんですが…陛下が心配で心配で堪らないんだって気持ちを前面に出したら、こうなりました(^o^ゞ


>今宵トンマン(あ、私のことですけど、何か?)はピダムに見守られて、とても安らかな眠りに落ちます。
何にもしなくても、じゅうぶん愛を受け取りました。
愛に包まれるって、なんて幸せなんでしょう!!しかも見守るは黒の美丈夫( 〃∇〃)ちょっと、ドキドキするけど…おやすみなさーい!
よだれたらさないようにしまーす(^o^)/←あ、なんか方向違ってしまいましたかね(^^;;;

うーん(((・・;)
それでも構いませんが(笑)
でも今回の陛下はMちゃん設定ではありませんので…あしからず(((^_^;)
方向違うのはそっちじゃないよ~って言いたいテヤンです(久しぶりに勝負したかな?)
へへへっ(^o^)v


拍手&コメントありがとーございましたm(__)m
また、遊びにいらして下さいね~♪
スポンサーサイト

Comment - 0

Latest Posts

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。