風の歌声

ピダム&男前を愛する管理人の萌えブログです♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆『オムファタール♪キム・ナムギル』&1月31日~2月1日の拍手コメントへの返礼☆

偶々、午前中にKBS worldの『一泊二日』を鑑賞していたら…
やりました!昨日見逃したナムギル君出演?の『スタープラス』を見ることが出来ました(^_^)v

真新しい画像等はありませんでしたが…
イ・ジュンギ君とのツーショットでナムギル君がTVに写るって言うのは良いもんですねぇ

イ・ジュンギ君が『女より美しい男』ならば…

我らがキム・ナムギルは『オムファタール』ですよ♪『オムファタール』♪♪

『オムファタール』の意味は…

“あまりにも魅力的で惹き付けられずにはいられない危険な男”



(↑管理人このナムギル君大好きなんすよ(^_^ゞ
誇らしげにエロっぽく笑うナムさま)


おーまさに我らが『キム・ナムギル』そのものじゃないですか~

『オムファタールキム・ナムギル』

当分の間、頭の中でこの言葉がグルグルと回り続けることでしょう(*^o^)/\(^-^*)



ここからは頂いた拍手コメントへの返礼です♪
続きをぽちっとしてお読み下さいね~(^з^)-☆





まぐかっぷさんへ


>テヤンさんへ こんにちは!
コメント返信いつも有難うございます。

こんばんは~(^o^)/
いえいえ、どーいたしまして(^_^ゞ


>まずは剣客商売、トーナメント優勝オメデトウございました!\(^o^)/
『冷静な判断』それが頂点を掴む極意…心に刻みますm(__)m
でも「体ぼろぼろです…」とのこと、くれぐれも無理をなさらずに…。
これからも剣客商売頑張ってください。

は~い、ありがとーございます
しか~し、やはり目標はあくまでも上位トーナメントでの優勝なので…まだまだです(^_^ゞ
まぐかっぷさんの『温かいコメント』に癒され…ズタボロな(笑)身体に鞭打って明日から又頑張って練習します♪
まぁ、楽しいのが一番なんで…『極意』はそこにあるんじゃないかとテヤンは思っております


>大変遅くなりましたが拍手6000打達成オメデトウございます!
そしてカウンターは18万を超えてます。
凄いですテヤンさん…。20万はすぐソコです♪(*^^*)

これまた、ありがとーございますm(__)m
1打からここまで…長かったような短かったような…
カウンターも同じですが…
一重に皆さんの『ナムギル君』&『善徳女王』を想う熱~いお気持ちに支えられてのことだと思っています
いつも応援ありがとーございますm(__)m
愛を胸に前進あるのみですかねぇ~(笑)





Nさんへ


>こんばんわ~☆
この時期の湯張り故障はヒジョーにキビシーですね(>_<)

こんばんは~(^o^)/
そーなんですよ!
お湯が出てないのに気付いた時は少々焦りました(((^_^;)


>意外と○○地方のマンション、オール電化(エコキュート)が多く、追い焚き出来ない所が多いんですよ!
実は我が家も(-"-)エコにはいいのでしょうが「冷めないうちに!」の忙し入浴では疲れも取れません(笑)
夢の中でピダム公とゆっくり湯殿につかるから、いいけれど^m^

おおー(((・・;)
教えて頂けないと解らないことは多いものですね!
そちらはこちらよりも寒いから追い焚きは絶対に出来ると思っていました~
最後の一文が良いッスねぇ(笑)
ただピダムと一対一でお風呂とはいえ、裸で向き合うのは…ああん、いやーんってならなきゃいいですけど(爆)←いかん、どーも直ぐに頭の中で画像変換されちゃうもんで(^_^ゞ


>末文になりますが・・・優勝おめでとうございます☆大変誇らしく思います!

ありがとーございますm(__)m
下位トーナメント優勝なんで…お恥ずかしいです(((^_^;)
上位トーナメントで優勝したら一緒に万歳して下さいね♪
それを夢見て頑張りますから





hさんへ


こんばんは~(^o^)/

>誘惑に負けて読んでしまった!
ただでさえ繋がりの深い二人なのに媚薬なんて使ったら(*´д`*)
モット激しく!!愛しあっちゃう、お願いだからテヤン様インフルにかからず怪我にも注意して脳内神経活発にして書いてください、続きが待ちどうしい!
これから参が出るまでに壱と弐を何度読み返すことだろう

『小夜鳴鳥』その弐をお読み頂きまして、ありがとーございますm(__)m
すみません、また激しく愛し合う
トンピを描いちゃいました(^_^ゞ
刺激強すぎましたかね?
『媚薬』は陛下が安眠出来るように『睡眠薬』代わりにピダムが与えたものだったんですが…
そのピダムが反対に媚薬の魔力に掛かってしまった(((^_^;)
ピダムにもそんだけショックだったんだよー!ってことを描きたかったのもあったんです

その參も途中までは書けています。
後はどのようにしてエンディングまで持って行くのか…そこが実は一番難しかったりして(^_^ゞ
リクエスト作品は一話完結が基本だったのに…
長編作品になってしまって、ホントに申し訳なく思っております。
今暫く、お付き合い下さいますように宜しくお願いしま~す(^_^)v






鍵コメさんへ


>こんにちはぁ~、テヤンさん、早速読んでいただけて、コメントまでいただけるなんて、うれしかったですよぉ。

こんばんは~(^o^)/
同じように『二次小説』を書かれる鍵コメさん♪
お互いに楽しみながら頑張って行きましょうね

私は『時代もの』と『現代もの』とでは言葉遣いやそのお話の持つ雰囲気自体が全く違う感じになるように自然と書き分けしているようです(笑)






Tさんへ


こんばんは~(^o^)/

>ああピダム様~!
なんて、切ない(´;ω;`)お話なんでしょう。 こんなに思い合う二人なのに、重い枷が・・・。媚薬なんてものを使わなければならないほど、がんじがらめになっていたんですね。
その一夜、思うままに振舞ったところが、またいじらしいです。
思うまま燃えて、それもまた良し。

ああ、すみませんm(__)m
Tさんを悲しませるお話を書いてしまいました(ToT)
でもね…リクエストだから…書かないと(笑)

劇中でピダムが使った『媚薬』に皆さんの悲鳴のようなご意見頂き…ありゃりゃですが(^_^ゞ
あれはねぇ、↑前の返コメにも書きましたがピダムが陛下の『安眠』の為に使ったんです!
でも、思っていたよりも強くて自分も虜になっちゃったピダム君。
媚薬がピダムの深層心理に忍び込んで…最後はあんな感じになっちゃいましたけど。
それだけピダムの背負うものは重いってことの裏返しだと思って下さると嬉しいです

思うままに振る舞い…燃えるもよしですか…
ありがとうございますm(__)m


>ピダムと、ヨンチュン公の娘の婚姻?! そんなの、嫌だあ。
トンマンと、チュンチュ~!??? 若すぎだよね。
ある本で、ヨンチュン・ウルチェ・フムパンが、三人の色供だったと書いてあったけど、それは、なんか、年寄りばっかみたいだし・・・。
まだ、チュンチュのほうがマシかな。
やはり、ピダムだけにしときたいわ。

一瞬、チュンチュなら良いのかー(((・・;)
と我が目を疑いましたが…良く読んだら違いました(笑)
ゴールデンコンビにはお互いの他は誰も必要ないと思われます
このblogではトンピの愛は不滅です♪
永遠に…



皆さん、拍手&コメントありがとーございましたm(__)m
『小夜鳴鳥』は後2話で完結する予定でおります。

また、遊びにいらして下さいね♪
お待ちしていま~す(^з^)-☆

スポンサーサイト

Comment

Post Comment

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。