Welcome to my blog

風の歌声

Article page

☆3月5日の拍手コメントへの返礼☆

シンガーソングライターTさんへ

こんばんは~(^3^)/

>ちょっとこ、お久しぶりです。
でも、ちゃんと、毎日拝読しております!!

お久しぶりですねぇ~(*^^*)
お姿を拝見してなかったのでいらしてるとは気付いておりませんでした(笑)


>一周年記念、遅まきながら、おめでとうございます。
そして、美しくも胸騷ぐお話いつもありがとうございます。
ひとつ読む度、こちらもまた、新しいトンピの姿が浮かんでどんどん繋がってきます。
彼らが、どうかいつまでも、愛を語り続けられますように・・・。

ありがとーこざいますm(__)m
一年間、ここまで走って走って走り続けて来たような気がします(^-^ゞ
いつまでもトンピの愛を語るべく…ほんの少しだけブレーキかけないといけないかなぁ~とも思っております
初心に帰る見たいな…


>桃祭り週間と引き続き、ナムギル様祝生誕祭りとあっては、さぞや張り切っていらっしゃるのかな。
「雪月夜」、すとんと、胸に落ちる一作でした~。
どんなに寒くてもいちゃつけるから、いいよね。
途中で、ピダムに、それ以上寒い外で続けるはど馬鹿ではないとは、言っていたのが笑えましたよ。

うーん、張り切ってる?のか、そうでないのか?自分でも良く解りませんが…
気持ちがウキウキしてるのは確かです♪
そして『雪月夜』をお読み下さり、ありがとーございましたm(__)m
>すとんと、胸に落ちる一作でした~。
それはトンピが美し過ぎて、静寂な世界が似合うからだと思われます
立ってるだけで『絵』になるって凄いですよね~♪
寒いとイチャイチャ出来るし…
ピダムもそこはね!夏ならお構い無しで押し倒すと思いますが(笑)



> 最近、「千秋太后」見てて、14~15話で、世を捨てた王郁と、先の献貞王后の逃避行の場面があるんだけど、おしどりの刺繍の枕で二人が試しに寝てみるシーンとか、湖の氷で滑ってじゃれあうとこ、碁をしてかわいい口喧嘩してみたりするところ、きっと、トンピも、二人で山奥で暮らしたら、こんなふうだったかなと、涙ながらに見てしまいました。
何はなくとも、二人でいれば・・・。あ~またダラダラと、書いちゃいました~。

『千秋太后』は昔ほんの少し見ただけなので、良く解りませんが…
逃避行と言うことは…そのお二人はただならぬ仲ってことになるのでしょうかぁ?
そんな不憫?な二人のラブラブシーンなら涙なくしては見られませんね(T_T)
そこにトンピを重ね合わせて…
ふふふふふっ(^。^)y
アラッソヨ(了解)♪田舎暮らしのトンピ…いつか書いて見ましょう!




mrさんへ

こんばんは~(^3^)/

>きゃぁ、またまたエロちゃんを見に来ました。
うふっ。最近私、そればっか。すみません。
以下、略(笑)

いえいえ、ここのブログはそれも一つの『ウリ』ですので…welcomeですよ♪
エロもラブがないと唯の肉欲だけの関係になってしまうので…
そこが難しいかなぁ~っていつも思っています。

すみませ~ん。
一部略させて頂きましたぁ~(^-^ゞ
これからもよろしければ足を運んで下さいね♪




IRさんへ

こんばんは~(^3^)/

>テヤン様、一周年おめでとうございます(^^)

ありがとーございますm(__)m
やっとこ一年経ちました!って感じです♪


>『雪月夜』素敵でした。
閨でラブラブする二人が良いですね。
大人な感じが好きです。
素敵なお話をありがとうございました。

『雪月夜』をお読み下さり、ありがとーございましたm(__)m
閨のシーンは毎回色々考えながら書いているんですが…今回はピダムの実母ミシル璽主のドラマでのシーンを参考に書いて見ました!
ドラマでさえもエロチックだったので(笑)



皆さん、拍手&コメントありがとうございましたm(__)m
またのお越しをお待ちしております♪

そうそう、昨日『仁康殿の湯殿係』を応募しました所、立候補される方が数名いらっしゃいました(/\)\(^o^)/
おーーー流石、司量部令ピダムさま(ナムギル君)
管理人と同じ穴にはまってる方がいることが解って嬉しいッス(笑)

それより皆さん、テヤンのお勧めポイントご覧になりましたかぁ?(一つ前の記事参照)
息子に『大丈夫?お母さん』と白い目で見られながらも『大丈夫、大丈夫!』と答える私。
その後口に出すことは出来ないけれど…
心の中では『だって、それがお母さんの少なくなった女性フェロモン分泌を助けているのよ~♪』って叫んでおりま~す(笑)

楽しきことは良きことかな…
ナムギル君いつも潤いをありがとー

『SS私のピダム 黄金色の日々』最終話後半…今夜中にはUPする予定でおります♪




スポンサーサイト

Category - お知らせ・つぶやき

0 Comments

Post a comment