風の歌声

ピダム&男前を愛する管理人の萌えブログです♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆ピダム終焉の地-明活山城☆

皆さん、こんばんは~(^3^)/
今日は生憎の雨でしたが…慶州(徐羅伐)へ行って参りました♪
やっぱりここは素敵です。
落ち着くと言うか…歴史の好きな人間にとって『天国』のような場所です!
右をみても左をみても『古墳&遺跡』ばかり。
『半月城』を中心に東西南北何処を向いても何かしらがあるんですよ~
そんな中で今回のメイン会場はピダム終焉の地『明活山城』
私(たち)の他には誰もいませんでしたよ!
ガイドさんにこの山に登りたいと言った観光客は初めてですと言われてしまいました(笑)
現在修復工事中なので数年の後にはこの静かな場所も観光客でごった返してしまうのかもしれませんねぇ~
今が狙い目?静かな静かな処でした。





↓ここはまだ修復工事中でしたが…
本物のピダムも1350年ほど前にここを歩いたのかもしれないと思うと涙がチョチョギレました(ToT)





山の中腹から下を見下ろすとこんな感じ↓



ピダムが見たであろう景色…
昔とは違っているとは思いますが…もしピダムがここに本当に籠ってユシンと戦ったとしたら…
下を見下ろしながら女王のことをさぞ心配したことでしょう!
女王はピダムの乱の後、八公山(大邱テグ)にある符仁寺(プインサ)に死ぬまで幽閉されたとも言われています。
もしそうなら私の描くSSもありかなぁ~とも思いました。
何れにせよ、トンマンは晩年寂しい想いをしたに違いありません。
暗殺されたか、幽閉されたか…
余生をピダムと共に過ごしたいと思ったことも本当だったかもしれませんねぇ~
心から信頼出来た数少ない腹心の部下・上大等ピダム。
やっぱりギル君のようにイケメンだったのかしら?
もう何見てもピダムばかり思ってる私は可笑しいのでしょうかねぇ~~(^o^ゞ

「陛下はご無事で居られるだろうか?」




明日はいよいよKTXに乗ってソウルに向かいま~す♪

徐羅伐レポは日本に帰ってからぼちぼちお送りしたいと思います。
それと拍手コメントへの返信も少しお待ち下さいね~m(__)m

☆追記
毎晩新しい時代劇を見まくっております。
ギル君の『鮫』も生で見たい~~(^.^)


スポンサーサイト

Comment

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2013/04/25 (Thu) 21:34 | # | | 編集 | 返信

悲しきかな明活山城

ああ、そこに立ちたい!!  私めも、その地を踏めば、ずっとうるうるしていたはず。テヤンさんのお気持ちわかります。きっと、木が生えてて道があってさほど、こちらとも変わらないただのお山なんでしょうがね。ぴダムと共に、歩いている気分なのかな・・・。この写真見るだけでも、コ~フンするわね~!! ((o(б_б;)o))ドキドキ できることならば、そこへは、こっそり一人で歩いてみたいですよね。誰にも、邪魔されずに・・・・。ピダムに,思いを馳せてみたい。きゃ~~!! 本当のピダムは、どんな人だったんだろう? ボテボテのおっさんだったりしたら、どうしよう。 だめだめ、ピダム=ナム君でなきゃ絶対にダメ!

2013/04/25 (Thu) 21:47 | Tさん #- | URL | 編集 | 返信

兵どもが夢の跡…

Tさんへ

こんばんは~(^3^)/

> ああ、そこに立ちたい!! 
私めも、その地を踏めば、ずっとうるうるしていたはず。
テヤンさんのお気持ちわかります。
きっと、木が生えてて道があってさほど、こちらとも変わらないただのお山なんでしょうがね。
ピダムと共に、歩いている気分なのかな・・・。
この写真見るだけでも、コ~フンするわね~!! ((o(б_б;)o))ドキドキ
できることならば、そこへは、こっそり一人で歩いてみたいですよね。
誰にも、邪魔されずに・・・・。
ピダムに,思いを馳せてみたい。きゃ~~!! 

うんうん(^^)v
お気持ちお察し致します!
確かに誰にも邪魔されずに一人で歩きたいですが…
一応外国、しかも山の中腹ですからねぇ~
女性の一人歩きはちょっと危ないかもしれませんよ(((^_^;)
周りに誰かいたとしても『妄想?』出来るから大丈夫じゃないかしら。
それより修復工事が完成しちゃうと『名所』になって静かな時は刻めないかも…
そっちの方が心配です!


>本当のピダムは、どんな人だったんだろう?
ボテボテのおっさんだったりしたら、どうしよう。
だめだめ、ピダム=ナム君でなきゃ絶対にダメ!

それは管理人もふっと思うことですが(笑)
目を閉じるとそこには(ギル君の)ピダムがおります♪
Tさん同様それ以外のピダムは却下。
おっさんでもおじいさんでもギル君のピダムなら何でも『可』
愛は盲目(笑)

いつか一緒に『明活山城』に立てると良いですねぇ~

コメントありがとーございましたm(__)m
また遊びにいらして下さいね~♪

2013/04/29 (Mon) 02:07 | テヤン #- | URL | 編集 | 返信

Post Comment

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。