スポンサーサイト
  •  --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
宮廷女官若曦 SS木末芙蓉花(こずえふようか)
皆さん、こんにちは(^o^)/
お久しぶりです。
既に年の瀬…今年も残すところ後2日(もう1日半ですね😅)。

今年を振り返って見ると…
先ずは持病の『ぎっくり腰』を一度も発症せずに終えられそうなことが管理人にとって最も喜ばしいことに違いありません♥
これは偏に春から始めた筋トレ&ストレッチのお陰ですね🎵
来年はシックスバック目指して頑張ろうかなぁ~😁
そして二つ目は『韓流』から『華流』へと趣向が変化したこと。
この夏LaLaTVで視聴した『蘭陵王』は管理人にとってインパクトが強すぎました!!
ウィリアム・フォンさん(蘭陵王)の眸の美しさ✨にあっという間に堕ちて…それからは毎日中国ドラマを見る日々が始まりましたからねぇ~(笑)韓流も続いてますのでご安心を✌『夜警日誌』『ドクター異邦人』現在視聴中です。来月からはジニョクさんも出演されてる『運命のように君を愛してる』も視聴予定

美し過ぎる軍神♥☺⬇


現在は『宮廷女官若曦』にハマっております🌸放送は既に昨日終了



このドラマは脚本・構成が兎に角良いです❗(脇役の描き方も素晴らしい)
勿論キャストも最高💮
音楽とCGには目を瞑るとしても評価は『善徳女王』と同じ最高ランク🌟10
ここの常連Tさんも絶賛してましたっけね~
その頃の管理人は『弁髪』ドラマの何処が良いんだ❔(°∀°)
と高を括ってましたけど(デブチ~〈ごめんなさい〉Tさん)
最終的に『弁髪(ほぼ坊主)』は美しさを極限に引き上げる『様式美』だと管理人は判断致しました(笑)
弁髪マジック恐るべし❗
見慣れてくると髪の毛ある時よりも俳優さんの男前がUPするから不思議です😲
特に『宮廷女官若曦』の雍正帝役(第四皇子)ニッキー・ウーさんの弁髪姿は最高。
このお方は所作(特に馬上)がとても美しいのですよ✴



そんな訳で(どんな訳?)今年最後のSSはその若曦となってしまいました(爆)
『善徳』『蘭陵王』を期待していた方には申し訳ございません。

宜しかったら(我慢して)続きをポチッとしてお読みになって下さいね~⛄




見上げるとそこには女人の眉ほどに細い月が浮かんでいる。
日中に見る月の姿は空に溶け込むように朧気で遠慮がちだがそれでも中々に美しい。
あれほど望んだ紫禁城の外から見上げる空。
入宮前と変わらずに何処までも蒼く澄み渡っている。

私はそっと目を瞑り両手を大きく広げて胸一杯に澄んだ空気を思い切り吸い込んでは吐き出し、この世の柵(しがらみ)の全てから解放された喜びを一人噛み締め再び空を見上げた。
雲一つない空には朧気な白色の月が見える。
先ほどと殆ど変わらぬ場所に浮かぶ月。
あの白い月とこの地(星)との距離が決して変わらぬように…
私とあの人も器こそ離れど想いは何時も同じ場所にあって結局離れることが出来ずにいるのを痛感させられてしまう。

震える程の愛しき想いに身を焦がし…
唯、唯、会いたいと願い…
夢人のように其の姿を其処此処へ想い描き続ける。
ああっ、やっと私は誰にも邪魔されずにあの人をじっくりと愛することが出来るのだ。
その喜びに心が震え…指先までもが微かに震え出すのを感じる。


嘗て私は皇位争いに破れ病に伏した第八皇弟とその側福晋(夫人)であった姉に
『執着すれば憂いや恐怖が生まれる。手放せば憂いも恐怖もない。同じく愛からも憂いと恐怖が生まれ、愛を手放せば憂いも恐怖もなくなる。だからこそ愛と執着を忘れること。愛憎を捨てれば縛られることもない』
と手紙を認めたのに…
滑稽なことに、その第八皇弟本人とあの人の同腹の弟である第十四皇弟との計らいに因って『死』と『恐怖』とが隣合わせに存在する紫禁城 からどうにか出宮したにも関わらず未だに愛憎から逃れることが出来ずにいるのだ。
愛するが故にあの人が許せず…憎み憎まれ…その結果こんなに遠くまで来てしまったと言うのに…。

ぽんっと音を立てながら花を咲かせる杏の花。
今が我が世の春と謳歌するかの如く満開に咲き誇っている。
花の命は短い。
その横で紅色した桃が蕾を綻ばせ開花を心待ちにしている。
庭の片隅にひっそりと佇む白木蓮も梢に沢山の小さな蕾を付け、日一日と膨らみを増して行っているのが解る。
白木蓮はあの人の好きな花。
仏の住まわれる極楽浄土に咲く最も高貴で高潔な花…芙蓉花(蓮の花)にも似て。
その姿が木に咲く芙蓉花のように見えることから木蓮と呼ばれるようになったと伝えられている。
美しくも高潔な木蓮の花のようにこの国の民人にとってあの人は神の如くに偉大で慈悲深い皇帝であることに違いない。
けれど策謀渦巻く紫禁城の中では己の血筋と権力に蔓延る者たちに容赦なく刀を振るう地獄に住む修羅でもあるのだ。

そんなあの人が愛しいけれど憎くて…
憎いけれど愛し過ぎて…
私はこうすることしか出来なかった。

まだまだ温かいと言える程の陽気ではないけれど…季節は既に春。
また一つ季節が巡って行く。
けれど私が春を迎えるのはこれが最後となるだろう。
私に残された時間はもう余り残っていないようだ。

陛下…
いえ、私の第四皇子…
私の命が尽きる前にもう一度貴方に会えるだろうか…
会いに来てくれるだろうか…

木に咲く仏の花…木蓮よ。
私の想いをあの人の元へと届けておくれ。

お前が咲くのが早いか…
私が散るのが早いか…






目を瞑ると満面の笑顔を称えたあの人が木蓮の向こう側に静かに佇んでいる姿が見えた。







☆一部書き直しました。

☆最後までお読み頂き、ありがとうございましたm(__)m
『愛しているからこそ側を離れなければならない』
この展開はトンピも一緒でしたね❗
ピダムの死に目に会えたトンマンの方がある意味幸せだったかもしれません。
雍正帝(ニッキーさん)は若曦(シーシーちゃん)の亡骸さえも見られなかったですからね😢
そりゃ『想い(思念)』は行く処なくて…
辛く切なく…魂的には既に死んだも同然。
過労死して…若曦を追って転生するって最後が私としてはツボでした🙌
『続・歩歩』作らない方が管理人は良かったと思うのですが…
皆さんはどうでしたか❔(°∀°)

もう一人『若曦』の登場人物の中で第十三皇子を演じた弘さんこと袁弘(ユエン・ホン)さんをご紹介したいと思います。





かなりのイケメンです!
このお方は何をやっても格好良いです♥
ドラマの中では若曦と恋愛関係にはならずに『知己(友人)』として若曦を陰日向から支える心強いお方でした👊
武侠ドラマ『射雕英雄伝』ではシーシーちゃんと夫婦の役をやってるので…比べて見ると面白いかもしれませんよ。

SSのお題『木末芙蓉花』は文中にもありますが『木蓮』のことを指します。
一般的に『木蓮』は紫色の花のものを総称して言う見たいなのですが…
ここでは敢えて第四皇子の愛した『白木蓮』とさせて頂きました。



昨日最終話を見たばかりで…未だに『心が震える程に感動しております』
管理人の敬愛するあるブロガーさんもドラマを見てこの状態になると上手く感想を書けないと仰っておられますが…
かく言う管理人も全く同じです。
今回のSSもこの感動を文章にしたい❗伝えたい❗と思って書き始めたのですが…
思ったことの3割くらいしか表現出来ませんでした。
と後書きばかりつらつらと書いてしまいましたが…
そろそろ終わりにしたいと思います。


今年も多くの方にSS等を読んで頂けて嬉しく思っております❤
ありがとうございました🙇
更新は中々出来ないかもしれませんが…
細く永久←『長くを』変換したらこれになりました(笑)
をモットーにblogを続けて行きたいと思っております。
ではでは皆さん、良いお年をお迎え下さいね~🎍


管理人テヤン☀




スポンサーサイト

Comment - 8

ぱれあな姉

あけましておめでとうございます

テヤンさん、あけましておめでとうございます♪
昨年はテヤンさんに出会えて、とてもラッキーな年でした。感謝感謝です。

テヤンさんが紡ぎだす世界、素敵ですね~^^ほれぼれ。
四皇子を待ち続けるルオシィの心が、痛いほど伝わってきます。
自分から離れといて!とか、十四がかわいそうだとか、ぶーぶー言ってごめんよ、ルオシィ。
そうするしか道はなかったんだね、そこまで追い込まれてたんだね。
でも、恋しくて会いたくて………ううううう(T_T)

蘭陵王、またピダムのお話も、毎日、遡って少しずつ読ませていただいてます~。
幸せそうなピダムの様子が読めてよかった~あの「ナエ トンマナ」の最期にどれだけ泣いたか……。
ピダム、良かったね、トンマンも良かったね。
一日の終わり、がんばった自分へのご褒美にテヤンさんのピダムを愛でさせてもらっています。
ありがとう、ありがとう。

今年もよろしくお願いいたします。

2015/01/02(Fri) 11:33

Edit | Reply | 

テヤン

あけましておめでとうございます!

> テヤンさん、あけましておめでとうございます♪
昨年はテヤンさんに出会えて、とてもラッキーな年でした。感謝感謝です。

きゃーーー、パレアナ姉さん、明けましておめでとうございま~す(^o^)/
わざわざのご訪問ありがとうございます♪
私も姉さんと出会えて…とっても幸せですe-53


> テヤンさんが紡ぎだす世界、素敵ですね~^^ほれぼれ。
四皇子を待ち続けるルオシィの心が、痛いほど伝わってきます。
自分から離れといて!とか、十四がかわいそうだとか、ぶーぶー言ってごめんよ、ルオシィ。
そうするしか道はなかったんだね、そこまで追い込まれてたんだね。
でも、恋しくて会いたくて………ううううう(T_T)

てへっ(^^ゞ
お褒め頂き、嬉しくもあり…恥ずかしくもあり。
私…『歩歩』は初見でして…今まで皆さんのお話を聞くだけで全く内容が解らなかったのですが…
今回LaLaTVで放送されたもの全話を録画して…3回以上視聴したので内容詳しくなりましたよ♪
最近では好きになれなかった『第八皇子』も好きになりましたし(笑)
だってラスト近くの彼の若曦に対する『思い遣り(愛情)』半端ないですもの。
毎回そのシーンになると涙がルーー状態になってます。
勿論、四皇子、十三皇子、十四皇子…全ての登場人物が愛しくて…
誰も悪くないのにボタンの掛け違いで傷付け合う姿が悲し過ぎる(T_T)
若曦はそれが見たくなかったんですよ。
だから陛下(四皇子)をとても愛してるのに側に居られない。
心が壊れて…体(器)が持たなくなっちゃったんですよね~
それを知るのは侍女の巧慧だけ。


> 蘭陵王、またピダムのお話も、毎日、遡って少しずつ読ませていただいてます~。
幸せそうなピダムの様子が読めてよかった~あの「ナエ トンマナ」の最期にどれだけ泣いたか……。
ピダム、良かったね、トンマンも良かったね。
一日の終わり、がんばった自分へのご褒美にテヤンさんのピダムを愛でさせてもらっています。
ありがとう、ありがとう。

『蘭陵王』や『善徳』もお読み下ってるのですね~
ありがとうございますm(__)m
私もピダムの最期を初めて見た時はショックで立ち直れませんでした(数ヶ月)
その後…何とかしてトンピを幸せにしてあげたい!!と言う思いからこのblogを立ち上げました。
文章力もないのに気持ちだけで始めてしまったので(^^ゞ
時々悩みますが…それでも二次創作は細く長く続けて行こうと思っております。


> 今年もよろしくお願いいたします。

こちらこそ、よろしくお願いいたします❤
本年が姉さんにとって良い年になりますように…

また、お時間あったら遊びにいらして下さい。
私もほぼ毎日姉さんのblogにお邪魔させて頂いて…炬燵で蜜柑を一個食べてから戻ってますので(笑)
あ、そうそう、姉さん、今夜は陛下(四皇子)の作った大根お持ち帰りになって下さ~い。
あっちの方から『ふろふき大根にすると良いぞ‼』と声が聞こえましたぁ~

2015/01/03(Sat) 21:50

Edit | Reply | 

はじめまして。
私も少し前のBS放送時にはまりました。こんな素敵なお話に巡りあえて本当に嬉しいです。続若曦を見て、すっかり熱がさめましたが、またDVDを見直します。
それで、すごく図々しいですが、幸せな若曦と四爺をリクエストしたいです。ぜひお願いいたします。

2015/01/14(Wed) 08:28

Edit | Reply | 

テヤン

是非、ハンドルネームを教えて下さい♪

> はじめまして。
私も少し前のBS放送時にはまりました。
こんな素敵なお話に巡りあえて本当に嬉しいです。
続若曦を見て、すっかり熱がさめましたが、またDVDを見直します。

こんにちは(^o^)/
初めまして…管理人のテヤンと申します。
御訪問&コメントありがとうございます❤
『若曦』…素敵なお話ですよね~
ストーリーも面白いし…衣装とか調度品がとても綺麗‼
慣れると弁髪の皇子さま方のイケメン度がどんどん上昇しちゃうし(笑)
反対に『続』は確かに面白くなかったです(涙)
殷正と張暁の二人の『魂のふれあい』みたいなパートがあったら違っていたかもしれませんが…
振り替えって考えると『黒猫巡査』は『八皇子』だったのかしら?
『若蘭』の旦那さまですものね!
管理人は『続』を先に視聴したので大丈夫でしたが…
先に『若曦』を視聴した方は全く別の物語として記憶に留めるのがbetterかもしれませんね~😢


> それで、すごく図々しいですが、幸せな若曦と四爺をリクエストしたいです。
ぜひお願いいたします。

はいは~い(笑)
実は管理人も二人のLOVE♥LOVEな生活を書いて見たいと思っていました~
ドラマに沿ったお話か…スピンオフになるか解りませんが…
何とか頑張って見ますね♪
と、管理人も一つお願いがあります❗
是非とも『若曦』ファンの貴女さまのハンドルネームを教えて下さい🙏
宜しくお願い致しま~す😌

ではでは暫しお待ち下さいねぇ~

2015/01/15(Thu) 09:51

Edit | Reply | 

マメチヨ

失礼しました

大変失礼しました。43才のオバサンなため、こういうことに疎く、お恥ずかしい限りです。
マメチヨと言います。よろしくお願いします。
しかし、オバサンの心さえ虜にする四爺の所作、本当に素敵でした。また、おっしゃるように、美術本当に綺麗でしたね。衣装、茶器、毎回うっとりでした。

『続』は別なものと思った方が、いいですよね。やっぱり、私もそう思います。

私の図々しいリクエスト、聞いてくださってありがとうございます。嬉しいです~。楽しみにしてます♪

2015/01/15(Thu) 20:15

Edit | Reply | 

テヤン

いえいえ~(^^ゞ

マメチヨさんへ


こんばんは(^o^)/
返信ありがとーございます😆💕✨
良かったぁ~、お返事なかったら…どないしよう⁉と思ってました(笑)


>大変失礼しました。
43才のオバサンなため、こういうことに疎く、お恥ずかしい限りです。
マメチヨと言います。よろしくお願いします。

あの~、あの~(°∀°)
マメチヨさんに43才でBBA(おばさん)と宣言されてしまうと…
私なんて…CBBA(超おばさん)になってしまうので…
このblogにいらっしゃる時は永遠の18才🌹ってことにしておきましょうよ(笑)
でも堂々とBBA宣言が出来るマメチヨさん大好きですよ🎵


> しかし、オバサンの心さえ虜にする四爺の所作、本当に素敵でした。
また、おっしゃるように、美術本当に綺麗でしたね。
衣装、茶器、毎回うっとりでした。

四さま、素敵ですよね~😍♥♥
中の人(ニッキー・ウーさん)がしっかり体鍛えてらっしゃるから…
あの所作が出来るんですよね❗
だって四さまはマメチヨさんと殆どタメの年齢ですから←マメチヨさんの方が若いかも❔
BBAの心さえ虜にする四さまも実は『爺~』なのでした(笑)
『清朝』時代の衣装、茶器…
古いものと新しいものとが融合してるって言うか…
日本で言ったら『大正浪漫』時代みたいな…
一度はあの時代の衣装を纏って…四さまたちと茶房へ言ったり…
大正時代ならカフェでまったりした時間が過ごせたら…
翌日はお肌ぴかぴか✨になってそう(笑)←○モホルンリンクル並。


>『続』は別なものと思った方が、いいですよね。
やっぱり、私もそう思います。

『悲恋』に終わりながらも…『来世』で巡り合えたかもしれない。
と言う『余韻』を残して終わったからこそ『若曦』はより素晴らしいドラマとして
私たちの心に刻み込まれたのに…
『続・若曦』は全くその『余韻』が無くて…
唯一あったかなぁ~と思ったシーンは『学校』のシーン。
あそこは『紫禁城』で十三皇子や十四皇子たちと『お茶』飲んでるシーンのように…
『余韻』『郷愁』見たいなものを感じました。
もう少し前世との絡みと謎解きが欲しかった気がします。
残念です💧


>私の図々しいリクエスト、聞いてくださってありがとうございます。
嬉しいです~。楽しみにしてます♪

いえいえ、何せ悲哀感満載のSS書くのが好きな管理人なので…
何処まで四さま&若曦のラブ💓💏💓ラブが書けるか解りませんが…
努力したいと思っております(笑)
頑張ってる四さまを幸せに🍀してあげたいもんね♪

また遊びにいらして下さいね~
お待ちしております☺

2015/01/16(Fri) 22:43

Edit | Reply | 

黄木香

好みがおんなじ

初めまして。
数年前から韓ドラ見てきましたが、このたび録画未視聴だった『蘭陵王』一気見で号泣・ウィリアムさまにクラクラ。
暁冬もよかった(´;ω;`) 演技とはいえ悪役もすごかったし。
でもラストが切なすぎて・・・受け入れられない。
ネットを漂っていました所、こちらへたどり着きました。

私が納得するハッピーエンドを求めるのはワガママだと思ってましたが、
こちらのように少しでも希望を持てるエピソードが読めて、やっと心が和らぎました。
ありがとうございます。


ところで、直前に『続・宮廷女官若曦』を再視聴したのですが、1年ぶりだとまた違った余韻がありました。
別物として、ではありますが。やっぱり泣けるのです。
ニッキーさんの鍛えた体とスーツ姿にも萌え。
もちろん『宮廷女官若曦』は、いつまでも私の心に残る超・超お気に入りです。
ついでと言ってはなんですが、ウォルリョン派です(#^.^#)


最後になりますが、キム・ナムギルさんは先に『サメ』を見ました。
ピダムを先に見たかった!!
善徳女王見ている時は、まるで夢見心地。
特に最初の野生的な姿と花郎として忠誠の言葉を独白するピダムあたりまで、ときめきが止まりませんでした。

以上、テヤンさまと好みが同じです!って事を言いたいだけなのに
ひとりで盛り上がってしまってすみません。
これからも頑張ってください。 (こちらも永遠の18才より)

2016/03/13(Sun) 14:44

Edit | Reply | 

テヤン

永遠の18才に乾杯(笑)

黄木香さんへ


> 初めまして。
数年前から韓ドラ見てきましたが、このたび録画未視聴だった『蘭陵王』一気見で号泣・ウィリアムさまにクラクラ。
暁冬もよかった(´;ω;`) 演技とはいえ悪役もすごかったし。
でもラストが切なすぎて・・・受け入れられない。
ネットを漂っていました所、こちらへたどり着きました。
私が納得するハッピーエンドを求めるのはワガママだと思ってましたが、こちらのように少しでも希望を持てるエピソードが読めて、やっと心が和らぎました。
ありがとうございます。

こんばんは♪
初めまして、管理人のテヤン☀と申します。
ご訪問ありがとうございます。
韓国ドラマ…中国ドラマ…どちらも其々良い作品が沢山有りますよね~
『蘭陵王』…私もメッチャ⤴⤴ハマった作品の1つです。
殿下の伏し目がちな美しい眸にノックダウン‼
そして最終的に出した私的『蘭陵王』は全2話なんですよ~
何故かって…殿下が完璧なのは白山村でのシーンだけだから(笑)
いえ、ボウ山までって多くの意見を頂いているんですが…ね(^^ゞ
私の心の中では殿下はずーっと白山村での完璧な殿下のまま…。
そのイメージでSSも書いています。
If物『流星球花』続きが書けると良いのですが…(^^ゞ


> ところで、直前に『続・宮廷女官若曦』を再視聴したのですが、1年ぶりだとまた違った余韻がありました。
別物として、ではありますが。やっぱり泣けるのです。
ニッキーさんの鍛えた体とスーツ姿にも萌え。
もちろん『宮廷女官若曦』は、いつまでも私の心に残る超・超お気に入りです。

『続・若曦』…ごめんなさい🙇💦💦私は全く感動出来なかったんですよ~
『若曦』は死ぬほどリピして観ましたが…『続』はね…(-.-)
最後も夢落ちの夢落ち…って言うのに椅子からずり落ちそうになったし…
ウーさんが目が見えなくなった所で詩詩ちゃんが前世での話をして…『今生ではずっと貴方の側にいるわ!』
見たいな感じで終わってくれたら少しは感動出来たかもしれません。
だってあの終わり方では前世全く関係なくなってしまうので…
木蓮の簪を出す意味ないし…
別物として観られたら良かったのかもしれませんが…(^^ゞ
なので私は『続』の前にやってた『ときめき公文学院』の方が好きでしたね~♥


> ついでと言ってはなんですが、ウォルリョン派です(#^.^#)

ウォルリョン…素敵ですよね~✨
中の人ジニョクさんの一刻も早い復帰を願っています🙏


> 最後になりますが、キム・ナムギルさんは先に『サメ』を見ました。
ピダムを先に見たかった!!
善徳女王見ている時は、まるで夢見心地。
特に最初の野生的な姿と花郎として忠誠の言葉を独白するピダムあたりまで、ときめきが止まりませんでした。

イスを先にご覧になられたのですね~
『赤と黒』のゴヌクはご覧になられましたか?
ピダムはそりゃナムギル君をスターに押し上げた役なので…
最高ッス!!永遠に不滅です!!(笑)
因みに私は司量部令ピダムが一番好きな変わり者(^.^)


> 以上、テヤンさまと好みが同じです!って事を言いたいだけなのに、ひとりで盛り上がってしまってすみません。
これからも頑張ってください。 (こちらも永遠の18才より)

はははっ、確かにかぶってますね~、好みが…(^.^)
好みが似てるなら、今現在LaLaTVで放送してる『風中の縁』の衛無忌を演じてるエディ・ポン。
『六龍が飛ぶ』のイ・バンジ役のピョン・ヨハン。
以上の二人をお奨めしときます❗
是非ご覧になって見て下さいね~

コメントありがとうございました♥
また遊びにいらして下さい~(^ー^)

2016/03/14(Mon) 02:16

Edit | Reply | 

What's new?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。