風の歌声

ピダム&男前を愛する管理人の萌えブログです♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SSS私のピダム 縁(えにし)




録画しておいたテレビ東京版「善徳女王」昨日チョンミョン王女が亡くなってしまったんですね(涙)

管理人見ていて、とても悲しくなってしまいチョンミョン王女の死とトンマンの女王への決意をなんだか書いて見たくなって…

夕御飯を食べてから、ずっとポチポチとスマホ使って書いて見ました(^-^ゞ

勢いで書いたのですが、最後はやっぱりピダムLOVEなトンマンになってしまいました(((^_^;)

やーん、懲りない管理人f(^_^;

宜しかったらお読みになって見て下さい。







初めて『王になる』

そう決意したのは姉上が亡くなった時だった。

やっと会えた姉上。

私の双子の片割れチョンミョン。

薄暗い洞窟の中で神国の王女たる貴女がユシンにだけ看取られて亡くなった。

悔しかった。

何も出来なかった自分が情けなかった。

ただ、大声で泣くことしか出来なかった。

貴女の頬はまだ温かく、目を開けて「トンマン」と呼び掛けてくれるかのように唇が動きそうで…
なのに貴女は眠るように逝ってしまった。

どんなに怖かっただろう。

志半ばで逝かなければならなかったことがどんなにか悔しかっただろう。

私は叫びたかった。

「こんな理不尽なことが起こる、こんな国はおかしい」と。

貴女があまりに呆気なく亡くなってしまったのを見て…

私は、私はあのミシル璽主を倒し、神国にもう一度光を取り戻そうと決意した。







ピダム…

そう言えばあの時もお前は側にいたな…

姉上の毒消しの薬を取りに走った時もお前は側に居て私を助けてくれた。

其処にいるのが当たり前のように…お前は薬坊への道を先導して走り、馬も調達してくれた。

考えて見ればユシンとの駆け落ちの最中にお前と出合ったのも不思議な縁だった。


父王にミシルにウルチェ大等に命を狙われ、ユシンの父ソヒョンの部下に囲まれ、絶体絶命の時もお前は私を助けてくれた。

理由はともあれ、あの場にお前が居なかったら私は彼処で死んでいた。


ピダム、だからこれからも私の側にいてくれ。


そんなことを思い出していた夜半に女官が司量部令が色供の為にやって来たと知らせに来た。


「通すが良い」


私の言葉が終わるやいなや白い内衣に鈍色の上衣を羽織って髪を下ろしたピダムが部屋に入って来た。


「陛下…」


「ピダム、済まないが少しだけ待っていてくれ」


「はい」


私は手元にあった翡翠色の櫛を寝台の横にある箪笥にしまった。
その様子を見ていたピダムが


「その櫛はチョンミョン王女様の形見でしたね?」


「ああっ、そうだ」


「まだ、お忘れになれないのですね?」


「ああっ、恐らく一生忘れまい」


私が哀しい顔をしたのでピダムはゆっくりと私に近付いて


「陛下、私が死んでも覚えていて下さいますか?」


ピダムが真顔で不吉なことを言ったので私は驚いて


「ピダム、馬鹿なことを言うな。何故そんな不吉なことを…」


「いえ、ただチョンミョン王女様が羨ましかっただけです。陛下の心にいつまでも生き続けておいでなので…」


ピダムが子どものように拗ねているのが解ったので、私はピダムを抱き締めながら


「ピダム、私にはもうお前しかいない。父母も姉上もソファも皆亡くなってしまった。お前まで死んでしまったら私はどうすれば良いのだ?」


私の眸が揺れているのを見たピダムは


「陛下、申し訳ありませんでした。もう二度と死ぬなどと、不吉なことは申しません。お許し下さい」


そう言ってふわりと私を抱き締めると唇を寄せて来た。

(ああっ、安心する。ピダムの香り、ピダムの鼓動、ピダムのこの上もなく優しい口付け…お前が死んだら、私はお前を覚えているか。そんな質問はするな、ピダム。お前なしでは生きて行けない位にお前を愛しているから)


「ピダム…これからもずっと側にいてくれ」


ピダムがにっこり笑ってくれた。
そして私を抱き上げると寝台に向かって歩き出した。

今宵もお前が側にいてくれる。

これからもずっと…

ピダムの吐息とその温もりに包まれながら生きていけたら…

ピダム…









☆最後までお読み下さり、ありがとうございましたm(__)m

ピダム(ナムギル)のお顔が黒いー!

ファンデ(どうらん)塗りすぎちゃうかー!

なんて叫んでる管理人。いえ、なにやっても格好いいから良いんですけど(笑)

でも気になる(((^^;)

「なにすんだよ。言って見ろよ」って言う台詞を言った時のナムギルさんじゃなくてピダムが何だかとても可愛く思えた管理人。

リピートしまくってますo(^o^)o(←本当に懲りませんね)


女王になる→王になるに変更しましたm(__)m





スポンサーサイト

Comment

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2012/09/17 (Mon) 00:49 | # | | 編集 | 返信

出てました!!!

Iさんへ



すみません、こっちから先に返コメしますね!

> おぉぉ…ピダムの生声…生唄…聞き惚れるだろうな…。。
陛下羨ましいっす!

そりゃもう彼の声は良いですから。。。
特に半分裏返るとこがセクシーだと思います♪


> ところで。。あの唐の月琴。
先日放送の屋根部屋16話だったかな?に出てきませんでしたか?
だれの部屋だったか、、あの丸い感じの楽器が…
でも、その楽器が丸のとこが顔になってましたけど…似てる……。。

あれ、もう16話でしたっけ?
屋根裏部屋に飾ってあったような気がするんですが…
違いましたっけ?
私もつい注目してしまいました!!!
流石、Iさん(*^^)v
良い仕事?してますね~~(笑)

2012/09/17 (Mon) 00:56 | テヤン #- | URL | 編集 | 返信

Post Comment

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。