風の歌声

ピダム&男前を愛する管理人の萌えブログです♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆華流映画『最後の晩餐』☆

エディ・ポン主演の中韓合作映画『最後の晩餐』が先週金曜日にLaLa TVで放送されました♪



いつもお邪魔しているHKOのPさんからの情報でそれを知ったのはその日の23時15分(°∀°)
既に15分が経過していましたが…
ポンちゃん(衛無忌『風中の縁』)激LOVEになってる私は喜び勇んで録画スイッチをON!
実際に視聴したのは2日後の日曜日でしたけどね~

映画の内容は…
前半は中国テイスト(ドタバタ劇)が沢山詰まったラブコメ見たいな軽いノリで物語は進んで行くのですが…
後半に入ると難病&純愛物語に打って変わって…
それまで女主人公(バイバイホーさん=中国の初恋アイコンと言われてる女優・韓国だったらスジって所でしょうか)に全く感情移入出来ていなかったのに…
何故か無性に彼女を応援したくなって…
何時しかポンちゃんとバイバイホーさんのハッピーエンディングを願っている自分がいました。
この辺は韓国テイストが上手く生かされてた気がします!
圧巻はポンちゃんが3度目のプロポーズをするシーン。
彼はTVのシェフ同士の勝負番組の中で彼女の好きなじゃがいもとトマトと干し筍のスープを作ります(このスープは曰く付き)
お題は『甘味』なので本来ならスープなんて作る筈ないのに…ガンが再発して食欲が落ちている彼女の為に彼女の好きなスープを作ったのでした。
ここでポンちゃんが言った台詞が私の琴線に触れたんですよ~❇



『沢山のコンテストで優勝したけど、何の証明にもなっていないことに気付いたんだ。スープを作った。甘くないけど君の好物だろ。君の笑顔こそ(僕に取って)世界一の甘味だ!』
キャーーー素敵(//▽//)
あの甘いマスクでそんなこと言われたら即死しちゃう(爆)
※↑の台詞の中の『証明』とは5年後にお互い成功していて…独身でいたらもう一度付き合いを始めようと。
原題の『分手合約』はここから来てます。


中国では初日の2日間で興行収入が5億円を超えたという大ヒット作。
最後は30億円を突破し、ロマンス映画がヒットしづらい中国で歴代8位
という大記録まで打ち出したそうです。


韓国人の監督さんが中国・台湾の俳優さんたちを使って…北京と上海で撮影された『最後の晩餐』
原題は『分手合約(意味は別離契約)』全く意味が違って来ますが…
そんなことは気にせずに…
ポンちゃんが高校生から都会的な格好良さを持った一流シェフなるまでを魅せて(見せて)くれますし…
バイバイホーさんも前半のキャリアを求め、我が道を行く女から最後はポンちゃんだけを想う純愛に生きる女への変化を情感たっぷりに演じてますので…
お時間ある方は是非ご覧になって見て下さい。

各人持ってる感性が違うので…
私と同じように感動出来ない方もいらっしゃるかもしれませんが…
多くの方は笑って泣いて…
最後にほっこりとした気持ちになれる映画だと思います。
例えるなら…
ビターなホットコーヒーの中に一粒の角砂糖を入れたような…
苦味の中にほんのりした甘さを感じる…そんな映画でした☕
秋から冬に鑑賞するのをお薦めしま~す♪


☆おまけ☆


『ねえ、そこの彼女~♪一緒にお茶しない?』

ポンちゃんは「浮気はしない!」と宣言してる硬派なので、ナンパなんてしないと思いますが(笑)街中でこんなポンちゃんに出逢たら嬉しいなぁ~♥
ピダムや蘭陵王のSSをお待ちの皆さん、ごめんなさい🙏💦💦
無忌が好き過ぎて…寝ても覚めても無忌onlyになっとります(爆)
この『恋😌🌸💕』が落ち着くまで…暫しお待ちになって下さいませ。



スポンサーサイト

Comment

一人じゃ笑えない

テヤンさん、今晩は。

御覧になったんですね、ポンちゃん。
理想の彼氏ですよね。

でも、男の子なのに、泣いちゃいましたね。
ラストの方で、彼女の手料理食べながら…。

テヤンさんは、泣いて笑って、としか書かれてませんけど、泣きました?どの位?
私は、泣いてるポンちゃん見て、泣いちゃいました。

この時、ポンちゃんが、「一人じゃ笑えない」って台詞を言います。
この台詞、高校時代、一人ぼっちでお弁当食べてたチャオチャオ(可愛い響き)が、ポンちゃんに言ったのと同じ台詞。
この時、ポンちゃんが「僕がいる」と言って、二人でニッコリするんですけど、このシーン、録画出来てましたか?

で、ラスト近く。さっきのシーン。
チャオチャオも、「私がいる」って言うんですけど、ポンちゃんは、更に泣いちゃう。
だって、それは無理だもんね。もうすぐ無理になる。

神様は、二人に、何で、こんな事するの?って思うけど、ラストのラスト、全てを受け入れたポンちゃんが、メッチャ穏やかな顔してて、あのカフェのオーナーになってくれてて、ホッとして、ほっこり。
結婚式の写真、しっかり飾ってありましたね。

本当、中華テイスト&韓国テイストが味わえた作品でした。
そうそう、秋から冬に、お勧めな映画ですよね。

最後に、マオマオ。友達想いで、彼(彼女?)、良かったわぁ。

失礼しました。

2015/09/10 (Thu) 05:00 | ペンペン #- | URL | 編集 | 返信

願わくば共白髪まで…

ペンペンさんへ


>テヤンさん、今晩は。
御覧になったんですね、ポンちゃん。
理想の彼氏ですよね。

こんばんは(^o^)/ペンペンさん~☆
はい、勿論視聴しましたよ♪
HKOにコメントしなくてごめんなさい🙏💦💦


>でも、男の子なのに、泣いちゃいましたね。
ラストの方で、彼女の手料理食べながら…。

確かに理想の彼氏です、彼は❇
男でも本当に泣きたい時には泣いて欲しい私です。
ペンペンさんにとってポンちゃんは永遠に『男の子』なのですね!
彼は精悍な大人の男とお茶目な男の子が混在してるのが魅力ですものね~✨☀✨
『風中の縁』の衛無忌はそんな彼の魅力がいっぱい詰まってる役なので…
ペンペンさんにも皆さんにも早く見て欲しいです。


>テヤンさんは、泣いて笑って、としか書かれてませんけど、泣きました?どの位?
私は、泣いてるポンちゃん見て、泣いちゃいました。
この時、ポンちゃんが、「一人じゃ笑えない」って台詞を言います。
この台詞、高校時代、一人ぼっちでお弁当食べてたチャオチャオ(可愛い響き)が、ポンちゃんに言ったのと同じ台詞。
この時、ポンちゃんが「僕がいる」と言って、二人でニッコリするんですけど、このシーン、録画出来てましたか?

高校時代のエピソードは残念ながら録画出来ていませんでした💧
ですのでペンペンさんの仰ってた台詞が全く解らず…(@_@)
教えて下さって、ありがとうございます❤
で…どのくらい泣いたか…
号泣とまでは行きませんでしたがポロポロと…彼と一緒に泣きました😢
ポンちゃん、演技がとても上手いので泣くのも怒るのも笑うのも…自然体なのが良いです♪


>で、ラスト近く。さっきのシーン。
チャオチャオも、「私がいる」って言うんですけど、ポンちゃんは、更に泣いちゃう。
だって、それは無理だもんね。もうすぐ無理になる。

無理なんだけど…
確かに生きて側にいるのは無理なんだけど…
愛する人の魂がずっと側にいると信じたいポンちゃん。
死んでも側にいたいと思うチャオチャオ。
切ない切ないシーンでしたね。


>神様は、二人に、何で、こんな事するの?って思うけど、ラストのラスト、全てを受け入れたポンちゃんが、メッチャ穏やかな顔してて、あのカフェのオーナーになってくれてて、ホッとして、ほっこり。
結婚式の写真、しっかり飾ってありましたね。

この辺は韓国テイスト満載ですよね!
ポンちゃんは成功を手にすることが望みじゃなく…
チャオチャオと一緒にいることを望んでいたから…
チャオチャオとの思い出が沢山詰まったあの店で…
彼女に作ってあげたかった数々の料理をお客さんに作ってあげることで自分の彼女へ対する色々な気持ち(愛情・後悔など全て)を昇華して行ってるんじゃないかと…
そんな気がするのですが…
如何でしょう?🍀


>本当、中華テイスト&韓国テイストが味わえた作品でした。
そうそう、秋から冬に、お勧めな映画ですよね。

中韓合作…とても良かったです。
落ち葉舞い散る道をポンちゃんとクレープ食べながらデートする…
変な例えですが…畏まって見るのではなく気軽に見たい作品ですね~☕


>最後に、マオマオ。友達想いで、彼(彼女?)、良かったわぁ。
失礼しました。

『歩歩驚情(続若曦)』で第14皇子の生まれ代わりを演じてる彼ですよね!
正直、ポンちゃんよりもイケメンだと思います彼。
ポンちゃんはイケメンと言う括りで表現するのは勿体ない。
存在そのものが素敵だから❇
演技中は勿論のこと、interviewや微博でのコメントやらで人柄って解りますもの。
そしてその人柄が演技にも反映される。
これからの彼に期待したいと思います。
映画『黄飛鴻』…日本に来ないかしら。


コメントありがとうございました😆💕✨

2015/09/10 (Thu) 20:03 | テヤン #vbu/5PMA | URL | 編集 | 返信

Post Comment

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。