風の歌声

ピダム&男前を愛する管理人の萌えブログです♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆寝付けない夜は☆





寝付けない夜に…

自分の部屋のベッドにちょこんと座って…

壁に張ってあるナムギルの写真やポスターをボーッと眺めている。

一つ一つの表情を目で追っていく内に目許が緩み…そして心も緩んで行く。

誰かを好きになるって素敵なことだと思う。

キム・ナムギルという俳優は女心を捕らえて離さない魅力に満ち溢れている!

その眼差し、その表情…その存在そのもので私たち全てのファンの心を鷲掴みにする。

画面の中のピダムがゴヌクが…スインやカンムが実在の人物のように自然と息をしている。

それを産み出すのにナムギルは一体どれ程の努力をしているのだろうか?

寝る間を惜しんで台本を読み、公益勤務の現在もきっと毎日気を揉みながら演技のあれこれを考えているんだと思う。

一日も早く彼が望む俳優という仕事に復帰出来るように祈らずにはいられない。

私に出来ることは応援するだけだ。

そして此所を訪れて下さる皆さんと共に、やるせない気持ちを分かち合うことしか出来ない。

でも、きっと私達の想いは彼に届くと思う。

例え届かなくてもそれで良い。

貴方の演技がまた見られるなら。







「ピダム…もう寝たのか?」


「いいえ、まだ起きています」


「今宵は中々寝付けそうにない…」


「陛下…それはピダムがまだ足りないからですか?」


「ピダム…私にそれを言わせたいのか?」


「はい、出来れば…」


女王はピダムにぴったりと体を寄せると小さな小さな声で


「ピ、ダ、ム、が…足り、な、い」

と囁いた。

それを聞き取ったピダムは女王を両手で抱き寄せると啄むような口付けを始めた。

夜着の帯を緩めて女王の乳白色に輝く肢体に舌を這わせる。

寝付けない夜はピダムと共に…

眠りにつけるまで何度でもお前を感じていたい…




夜は閨の話しか書けないテヤンでした(笑)

お休みなさい(^o^)/
スポンサーサイト

Comment

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2012/05/20 (Sun) 23:04 | # | | 編集 | 返信

この想いよ…届け♪

鍵コメ様へ



> はじめまして。

こんばんは(^o^)/
初めまして管理人のテヤンと申します。
ご訪問&コメントありがとうございますm(__)m


> いろいろとネットを徘徊するうちに、テヤンさんのお部屋を知り、いつも読み逃げしておりました。。

どうぞ、どうぞ!読んで頂けるだけで感謝ですo(^o^)o


> ナムギルへの熱い思い、わかります!!9月に「赤と黒」でナムギルを知ってから、あれよあれよという間に恋に落ちてしまいました❤
好きな人がいるって、なんて素敵なことなんでしょう!!そのトキメキ☆を感じながら、ナムギルに会えたことを神に謝する思いです。

鍵コメ様もナムギル激LOVE ❤ な乙女なんですね!(ナド ❤ (笑)
誰かに『恋』をすると世界が薔薇色、毎日が楽しくって…
そのお相手が超危険な眼差しでペンたちのハートを射ぬくナムギルですから(巷では見詰められるだけで○娠すると言われてるらしい(笑)


> でも、いままでナムギルがどれだか努力しているかっ!には思い至っていなかったので、テヤンさんの今回の記事で目が覚めました。その通りなんです。私たちに喜びを届けるために、彼は努力してくれているんですよね。愛❤に加えてありがとう❤の気持ちも伝えたいですね。

管理人も実は最近解ったことなんです(((^_^;)
何故かと言うと、このブログを始めてほぼ毎日ナムギル(に関すること)を書く内に…
何かを産み出すのは凄ーーい大変なことなんだと…
だからナムギルも一つの役をこの世に産み出すのに大変なエネルギーを必要としたんじゃないかと、そう思ったんです(^○^)


> 私も「ピ、ダ、ム、が…足り、な、い」けど、、来てくれないよねー(撃沈)

テヤンも「ピ、ダ、ム、が…足り、な、い」と思ってブログ始めました(爆)
想いは相手に届く!そう信じてお話書いてるんですが…届かないかな~?

届かなくともこの『トキメキ☆』を心に抱けたことをナムギルに感謝して…

そして鍵コメ様とお話出来たこともナムギルに感謝したいと思いますo(^o^)o


また遊びにいらっしゃって下さいねー(^з^)-☆




2012/05/20 (Sun) 23:57 | テヤン #vbu/5PMA | URL | 編集 | 返信

Post Comment

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。